ディエゴ・ロペス:「モウリーニョはここにいたとき、盾になってくれた。でも、アンチェロッティは、僕がターゲットになるのを防がず、過度の注目が僕に向けられていた」

モウリーニョは、レアル・マドリー指揮官としての最後のシーズン、クラブの伝説的選手カシージャスをスタメンから外し、ビジャレアルからディエゴ・ロペスを連れてきて、物議を醸し出した。

噂では、モウリーニョとカシージャスの関係が冷え込んでいたからだ、と言われているが、実際にはそうではなく、モウリーニョの決定は純粋にサッカーに関するものだったと、ロペスは述べている。

「モウリーニョは、僕に話しかけて、直面している困難に対応する強さを与えてくれた。完全に僕を信頼しているし、前年に僕と契約を結ぼうとした、とも言っていたよ」

「カシージャスに敵対心などはなく、ただ僕がトレーニングでベストだと思ったと言っていた。モウリーニョの言葉は、選手たちは新たなレベルまで引き上げてくれる」

「モウリーニョはここにいたとき、盾になってくれた。でも、アンチェロッティは、僕がターゲットになるのを防がず、過度の注目が僕に向けられていた」

2012/2013シーズン、カシージャスはベンチで過ごしており、昨シーズンは、カルロ・アンチェロッティの元で、ロペスとのローテーションでの起用となっている。その結果として、カシージャスとロペスの関係には変化が生じたという。

「カシージャスとの間に言い争いはなかったけど、僕がマドリーに来て、関係は変わったよ。夕食を共にしていたこともある数年前のような関係ではなくなったんだ」

「僕は今でもマドリードが好きで、カシージャスと全てのスタッフに大いなる敬意を抱いているよ」

ロペスは昨シーズン、レバンテからケイラー・ナバスを獲得したマドリーを離れ、ミランに移籍した。彼は、イタリアに来るのを選んだことを、正しいことだと思っている。

「僕は正しい決断をしたと思っている。でも、ミランはベストのときを迎えてはいない。でも、これから改善して、僕たちは将来、ベストの状態に戻ると思っているよ」

参考:The goalkeeper was first choice under the Portuguese at Real Madrid amid rumours the coach had a falling out with his rival for the No.1 jersey

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara