アメリカの大学の学位を英語で取得でき、学費も安い。ニューヨーク大学プラハを勧める理由

プラハのほぼ全ての大学を自分で周り、日本人の留学先として良さそうな大学を、いくつか選ばせてもらった(芸術や医学系統の学問は、ここで除外している)。他にもいい大学はあったけど、まずは①教育の丁寧さ、②完全な英語環境、③学費の安さ(日本と同程度)という点を最重視して、プラハの大学の中でも特に成長し続けているニューヨーク大学プラハ(ニューヨーク州立大学と提携はしているが、私立のニューヨーク大学とは全くの無関係)、プラハカレッジという二つの大学に絞って、日本人留学生を増やすことに決めた。

ニューヨーク大学プラハとプラハカレッジへの入学者は、僕が代表をしているGood Friends Japanが無料で出願協力をするので、気軽に問い合わせてほしい。大学からの依頼で日本人の出願代行を行なっていて、会社を通して出願した人にのみ、日本やプラハでの食事会への招待、日本語を話せる現地人たちの紹介などを行なっている。

プラハやその他の都市の国立大学は、通常の留学協力プランで、大学調査、リスト作成の際の対象にしている。

ニューヨーク大学プラハの魅力

1.キャンパス環境が全て英語

制度的にはアメリカの大学としてスタートしていることもあり、キャンパスの言語は全て英語。授業も全て英語で行われる。スタッフも全員が英語を話すので、チェコ語が全くできなくても、困ることは全くない。

2.大学が国際的

留学生が過半数で、全体の約20%近くが英語圏からの留学生。10%程度はアメリカからの留学生であり、英語を伸ばす環境が揃っている。アジアからの留学生は、2016年5月時点で数えるほどしかおらず、留学生は、ヨーロッパ、北米、ロシアからが多い。

3.複数の国で認可されている

多くの日本の大学は、日本でのみ大学教育機関として認可されているが、ニューヨーク大学プラハは、アメリカ、イギリス、チェコで大学教育機関として認可を受けている。British Accreditation CouncilInternational Assembly for Collegiate Business EducationCzech Ministry of Education, Youth and SportCzech Association of MBA Schools (CAMBAS)Association of Chartered Certified Accountantsなど、主要な機関の認証を受けていて、教育と学位の質は、第三機関によって保証されている。

4.外部評価が高い

チェコ国内で最も評価を伸ばしている大学で、教育レベルや知名度が、他の私立大学を凌駕し始めている。チェコにはメジャーな私立大学は少ないが、ニューヨーク大学プラハは、その中では最も外部評価が高いメジャーな私立大学の一つ。成長の度合いでは、プラハカレッジと並び、プラハで最も目覚ましい伸びを見せており、将来性の高い大学と言える。

参考:University of New York in Prague voted into Superbrands 2016

5.少人数教育

歴史ある国立大学は、未だに大教室での授業が存在するが、ここは少人数教育で、一クラスの人数は、どんなに多くても22〜25人程度。いわゆる大教室での授業はない。アメリカのリベラルアーツカレッジのように、学部レベルの教育を重視している大学であり、旧来のような大教室での講義の多い大学とは、一線を画している。

6.奨学金制度がある

大学独自の奨学金制度を設けており、EU圏内の学生だけでなく、日本人も需給の対象となる。英語力、数学の点数、面接によって、授業料の50%、30%、15%が奨学金として授与される。

7.ロケーションがいい

大学があるエリアは、プラハの中では、家賃の高い人気エリアの一つ。地下鉄も多くの路面電車も通っていて、どこに行くにも便利な場所。沢山のレストラン、バー、カフェが並んでいて、観光の中心地である旧市街よりも飲食の値段は安い。

8.アメリカの大学の学位を取得できる

アメリカの高等教育機関に正式に学位授与を認可されている大学で、4年制のコースを取れば、ニューヨーク州立大学エンパイアステート校の学位が取得できる。学位はアメリカの大学卒業と同等なので、大学の就学期間は4年間。大学の内部には、実際にニューヨーク州立大学エンパイアステート校のオフィスがあり、アメリカから3人のスタッフが派遣されている。

アメリカの学位を取れる大学は、実はヨーロッパにいくつもある。ニューヨーク大学プラハは、学費、立地、教育の質を総合して考えて、その中でベストの選択肢の一つという印象。

9.二つの国の学位を取得できる

大学には二つの学士過程があり、4年制のアメリカの大学学位、3年制のチェコの大学学位を選ぶことができる。以下のDB(ダブルディグリー)と書いてある4つのプログラムは、卒業前にチェコの教育機関に沿った試験を受けて合格すれば、アメリカの大学の学士号に加えて、チェコの大学の学士号も同時に取得することができる。

【4年制のアメリカの学位】

Business Administration(DB)

Communication & Mass Media(DB)

International & Economic Relations(DB)

Psychology(DB)

IT Management

English Language and Literature

【3年制のチェコの学位】

Business Administration

Finance

Marketing

Online Marketing(ドイツの大学との提携)

Tourism Management(ドイツの大学との提携)*2017年秋より開講予定

10.学費が安い

アメリカの大学の学位を取る場合は、学費は日本の私立大学程度で、チェコの大学の資格を持って卒業する場合は、日本の国公立大学と同程度。取得する単位数によって学費が課せられる仕組みで、大学卒業に必要な単位を取り、大幅に余分な単位を取得しない場合の学費は、日本の大学と同じくらいの学費になる。チェコは日本よりも生活費が安いので、日本の大学に進学するよりは費用が抑えられることが多い。

【3年制でチェコの大学の卒業資格を取る場合】

1単位:2,500チェコ・コルナ(約10,100円)*2016年6月の為替レート

1年間に取得する平均単位数:60

1年間の学費の目安:約60万円前後

【4年制でアメリカの大学の卒業資格を取る場合】

1単位:6,300チェコ・コルナ(約28,000円)*2016年6月の為替レート

1年間に取得する平均単位数:30

1年間の学費の目安:約94万円前後

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara