【日記】バルセロナで初めてのビジネスランチ

事業パートナーを探すためにも、良い不動産や大学情報を得るためにも、出張の際には、積極的に外で人に会うようにしている。海外出張のときしかできないことを積極的にしていかないと、出張期間がもったいない。

海外でのイベント探しに最も重宝しているのが、InterNations。今日は、バルセロナで初めて、InterNationasを使ってプロフェッショナルたちのビジネスランチに行って来た。

僕はジーンズ、スニーカー、黒セーターという、毎度おなじみの格好で行ったんだけど、集まってる人たちは、僕が場違いに見えるほど、フォーマルな感じの服装。毎度のことながら、東アジア人は僕一人で、隣に座ったイタリア人が言っていたように、集まる会員はアッパーミドル層が多く、年齢も30〜60代ばかりだった。

初めはランチをしながら雑談をして、その後で自己紹介。どんな仕事をしていて、なぜバルセロナにいるのかも、一人一人、みんなの前で話をする。その後にビジネストークの時間があるという、何となくフォーマルな集まり。

こういう場では、ちっちゃいジョークを入れるのが僕のやり方。ちょくちょく使い回すネタが結構ウケてくれて、自分の番が終わったときは、自己満足して席に着いた。内容も、簡潔、かつ明確で、プレゼンの採点としては、そこそこ高得点なはず。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%a2%e9%80%9a%e3%82%8a

(ランチに向かう途中)

スペインスタイルの午後2時〜4時のランチで、夜には予定があったので、そのままオフィスには戻らず、持って来たサブ機のMacBookでカフェで仕事。今回はメイン機のMacBook Proとサブ機のMacBookの両方を持って来ていて、メイン機はオフィスに置いておいて、外出の際はMacBookを使っている。

どこでも仕事ができる体制にしてあるので、毎日11時間はパソコンに向かっている不健康な生活。ストレス発散に、走ること、ちょっとだけ赤ワインを飲むことの二つは実践してるけど、もっと息をつく時間を与えないと、どこかで心身に支障が出そうだ。

夜9時過ぎからは、以前に通っていた言語交換会へ。バルセロナに留学しているドイツ、フランス、オランダの大学生と長々と話していて、大学や教育システムに関して、色々と情報交換。香港系フランス人のウィリアムとは特に仲良くなり、また会う約束をして解散した。

InterNationsと違い、夜の集まりはカウチサーフィンやフェイスブックで探せるカジュアルなもの。こっちの方が気が楽だ。

こういう場では、ちょくちょくスペイン語を教えてもらってるけど、仕事で余裕がなく、語学学習に割く時間を取っていないので、僕のスペイン語は全く上達していない。「バルセロナに来るのは5回目です」と言うのが、少し恥ずかしいレベル。せっかくスペインにいるので、通勤時間にちょっとだけでもスペイン語を復習したい。

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara