たとえほぼ全てを失っても、決して失うことのないものがある

1997年、一人の偉大な精神科医が人生の幕を閉じた。その人の名前は、ビクトール・フランクル。フランクルは、オーストリアのウィーン大学の精神医学科の教授だった人で、フランクルが亡くなったというニュースは、当時、欧米だけでなく、日本のニュースにも取り上げられた。

世界的ベストセラーになった、彼の著書『夜と霧』の中には、彼の第二次世界大戦のときの経験が記されている。これは、大学時代に繰り返し読んだ本の一つで、おそらく、キリスト教大学であれば、必ず何かのクラスで取り上げられているはずだ。

第二次世界大戦中の1942年、ユダヤ人であった彼は、のちに殺害される彼の妻や両親と共に、ナチスの収容所に入れられてしまう。そして、はじめは他の囚人たちと一緒の仕事をしていたフランクルだったが、医学の学位があった彼は、のちに収容所で優遇され、ナチスのために医療の仕事をさせられることになる。

2年後、意に反してアウシュビッツに移されたフランクルは、そこで残虐で恐ろしい光景を嫌というほど目にすることになる。次々に死んでいく人の群れ。厳しい環境での生活。アウシュビッツに収容された人々は、ショックと苦しみで、無気力になり、最後は何の希望も持てなくなっていく。フランクルの目に映ったのは、そんな絶望の景色だった。

疲れとあきらめが襲い掛かり、目の前に横たわる自分の人生が、悪夢にしか見えなくなってきて、気が狂ったようになっていく。当時の様子を、フランクルは、そのように書き残している。

しかし、多くの人々が狂いそうになる、そんな状況の中、フランクルは、深い感動を覚えさせられた、ある人々のことを、同時に著書に書き記している。

 「心身の自由を奪われ、家族を奪われ、日常生活を奪われる、そんな極限の状態にありながらも、他の人々を笑顔と優しい言葉で励まし続け、自分の最後のパンのひとかけらを、同じように空腹に震える人々に分け与え続けた、そんな人々の姿が脳裏に焼きついて離れない。確かに、数は少なかったかもしれない。しかし、そのような人々がアウシュビッツに実際にいた、ということは、私に一つのことを証明してくれているように思う。それは、たとえ全てのものが奪い取られても、人間の最後の自由は、誰にも奪い取ることができない、ということだ。強制収容所のような過酷な状況の下にあっても、今この瞬間の自分の態度を自分で決められる、という最後の自由は、いついかなるときにも、取り去られることはないのだ」

僕たちは、生きている間に、多くのものを失っていく。僕たちが持っているものは、いつか必ずなくなっていく。物理的な所有物だけではない。僕たちが享受している健康も若さも体力も、これから先、確実に失われていく。

しかし、たとえそれらの全てが取り上げられても、人には、一つだけ取り上げられないものがある、そうフランクルは言った。それが、人間の最後の自由だ。「どんな状況の下でも今の自分の態度を自分が決めるという自由、それだけは誰にも奪うことができない」ーそうフランクルは語った。

他人に何をされても、何を言われても、どんな状況で育っても、僕たちには、今現在の自分のあり方を決められる自由がある。隣人に、友人に、家族に、見知らぬ人に、どんなに不当な痛みや悲しみを与えられても、どんな卑劣で冷淡な扱いを受けても、裏切られても、恨みを抱かず許したり、静かに自分の道を歩いたりする自由を、僕たちは確かに持っている。

「人間とは、一体、何か。わたしたちは、その歴史において、その問いを繰り返してきた。わたしであれば、こう答えるであろう。人間とは、自分があるべき姿を絶えず決定していく存在である」

人間とは、フランクルの言う通り、そもそもが自分があるべき姿を自分で決めていく存在だ。確かに人間とは、残酷なアウシュビッツのガス室を発明した存在かもしれない。ときには卑劣で、残虐で、冷淡な存在なのかもしれない。けれども、人間とは、それと同時に、主の祈りやユダヤの死の祈りを唱えながら、その同じ人間によって発明された悲惨な部屋へと、まっすぐに頭を上げて入っていくことができる存在でもある。自分自身が、たとえ極限の状態にあっても、他人を励まし、空腹に震える人に、自分の最後のパンのひとかけらを分け与えることのできる存在でもある。

僕たちは、一方では、悪意をもって、妬みの心を持って、その心の内にアウシュビッツを作ることができる。人を卑劣な方法で不当に苦しめ、傷つける場所を、自分の心の中に作ることもできる。

けれども、その一方で、僕たちは、自分が誰であるのかを問いかけ、いかなる「いのち」を生きていくのかを問いかけ、歪んだ思いにコントロールされない選択を下すこともできる。これから何が奪われようと、これから何が取り去られようと、誰に何をされようと、僕たちには、今現在の自分の態度を自分で決める自由を、確かに持っている。

自分の人生の主人公は自分だ。何をするのかを決定するのは自分だ。決して、周りの環境や他人ではない。

人の弱さは容易に心の中に残酷なアウシュビッツを作っていく。誰かに卑劣な行いをされることもあるかもしれない。大きな苦しみが人生を襲うこともあるかもしれない。でも、たとえそんな状況に放り込まれたとしても、「状況にコントロールされずに自分の態度を自分で決める自由を、僕たち一人一人は確かに持っている」ということを、僕はいつも心に覚えておきたい。

他人の冷酷さや現実の厳しさに、自分自身がコントロールされないように。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara