私たちにとって、無意識に生きた今日という一日【時間を大切にしていない人へ】

echoed

(Photo by Andree Lüdtke)


僕たちが無意識に生きたこの一日を、

どれだけの人たちが切望しながら

死んでいったんだろう。

 

大切な人の死を突きつけられるたびに、

色々と考えさせられる。

 

与えられた時間や命を使って、

しょーもない文句や悪口やゴシップを

並べてる暇があるんだったら、

僕だったらその時間を使って、

もうちょっと背筋を伸ばして生きる努力をしたい。

 

すごく押しつけがましいけど、

歪んだエゴに支配されてしまう前に、

他の人たちにも、そうやって生きてほしいって思う。

 

今日という日は、

きっと僕たちが思う以上に

大切な一日なんだから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara