中島みゆきさん、松任谷由実さんの曲をカバーしているBEBEさんの歌声が素敵すぎる

ファイト!

闘う君の唄を

闘わない奴らが笑うだろう

ファイト!

冷たい水の中を

震えながらのぼってゆけ

 

仕事中のBGMを探していたら、とても素敵な歌手の YouTubeビデオに巡り合った。

作成しているのはシンガーソングライターのBEBEさんという方で、メジャーデビューしているわけではなく、インディーズで活躍している方らしい。

ある曲を聴いていたら、サイドに関連するビデオとして出てきたのが、BEBEさんの『Hello, my friend』(松任谷由実)のビデオ。僕は十代の頃、俳優のいしだ壱成さんが好きだったので、この歌が主題歌として使われていた『君といた夏』も、当時は毎週楽しみに観ていた。主題歌を聴くのなんてしばらくぶりだったので、懐かしく思ってビデオを再生してみると、凛とした歌声が響いてきて、思わず繰り返し再生してしまうほど素晴らしかった。

「これはすごい・・・」と思って、BEBEさんのYouTubeのページに行ってみたら、他にもたくさんビデオがある。その中でも特に素敵なのが、冒頭のビデオ。「中島みゆきさんと松任谷由実さんをカバーさせたら、彼女の右に出る歌手は、そうそういない」と思わせるくらい、素敵な歌声と歌い方。素朴に奏でるアコギの響きもいい。中島みゆきさんの歌の素晴らしさもあるけど、この人が歌うから、こんなに染みるんだろう。

以前に、いつも他人の悪口ばかり言っていた人が、ステージ上でパフォーマンスを披露したとき、年配の女性が僕に近づいて言ったことがある。「さすがに音楽を大学で学んでいた人は上手ねえ」とでも言うのかと思ったら、その反対だった。

「こんなこと言って、ごめんなさいね。でも私には、あの人がいくら上手に歌っても、魂には響かないのよねえ。澱んで聴こえるというか・・・。どうしてかしらね」

歌声には、人間性がこもる。歌声には心のあり方が表われる。この年配の女性は、何かを感じ取ったようだった。どんなに音程が正確でも、声量が見事でも、魂に響かない歌声は存在するようだ。

BEBEさんの歌声は、その正反対だ。真っすぐに心に響く。僕は絶対音感はないし、高度な音楽理論には疎いけど、ちらっとBEBEさんのブログを読ませてもらって、この人が心に響く歌を歌える理由がわかるような気がした。もちろん、全く知らない人なので、よくはわからない。でも、何となく納得した。

とにかく、おススメの歌手。興味がある人は、BEBEさんの他の曲も聴いてみてほしい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara