29万で一年間のヨーロッパ英語留学(学費)

クラクフの中央広場
photo credit: NicoTrinkhaus via photopin cc


2050ユーロ(約29万円)のヨーロッパ英語留学をアレンジした。これは大学の英語コース。英語力を伸ばすコースであって、大学の通常授業をとって、日本の大学に単位編入できるコースではない。

留学先は、美しいヨーロッパの古都クラクフに位置する、ポーランド最大の経済大学。クラクフは、中世ポーランド王国の首都で、ポーランド国内で最も観光客を惹き付けている街。街には歴史的な王宮や教会が建ち並び、中世ヨーロッパ都市の美しさを思う存分体感できる環境で、一年間、英語を学ぶことができる。ちなみに学校での一年間なので、期間は10月から翌年6月終わりまで(7月から9月は夏休み)。

クラクフの聖マリア教会
photo credit: NicoTrinkhaus via photopin cc

住居費(寮・アパート)、食費、交通費などは、2050ユーロには含まれていない。だけど、ポーランドはヨーロッパの中でも生活費が格安。寮は月2万円もかからないし、アパートは月3〜4万円程度。

転職のために英語力を上げたい、大学を休学してヨーロッパに住みたい、ヨーロッパを体験しながら格安で英語を学びたい、という人は、ぜひ体験してみてほしい。

*同程度の学費で学部留学する選択肢はあるが、これはクラクフに限らず、他の国の大学でもできる。北欧であれば、学費無料で、一学期、一年間留学することも可能。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara