ロドリゲスとクロースが、レアル・マドリードを世界最強チームにする【海外記事】

昨日、レアル・マドリードは、さらに向上することになった。マドリーは、世界で最も高額で才能のある選手たちを買えるクラブであり、ハメス・ロドリゲスとトニ・クロースは、合わせて137億ドルで、このメガクラブの一員に迎えいれられた。特にロドリゲスの移籍金は、この莫大な額の四分の三を占めている。

両選手ともに2014年のワールドカップの成功で、世界中のサッカー関係者の注目を集めた。ロドリゲスはゴールデンボールを獲得し、クロースは世界チャンピオンのドイツで大きな役割を果たした選手だ。二人ともとても若く、コンスタントに攻撃で相手の脅威となっており、マドリーでも、既に爆発的な破壊力を持つ攻撃陣を、更なるレベルへと押し上げてくれるだろう。

クロースとの契約の一方で、彼のドイツ代表のチームメイトであるサミ・ケディラは、イングランドのプレミアリーグへの移籍がささやかれている。アーセナルを始め、他にもプレミアのトップクラブも彼に興味を示していると言われており、クロースの獲得によってマドリーの余剰戦力となる一人は、ケディラになるかもしれない。

ロドリゲスの獲得も魅力的だ。誰もが彼がポルトでプレイしたときのスキルを知っているが、モナコでは、その輝きが十分に発揮されたとは言いがたい。今回のワールドカップで、彼は自分の本当の才能を世界に知らしめ、この若いコロンビア人には、世界のトップクラブが食指するようになった。このコロンビア人タレントが加わることによって、両翼にロナウドとロドリゲス、中央にベンゼマと、マドリーは三人のストライカーを配置することになるだろう。少なくとも、それが最も論理的な結論のように思える。

チャンピオンズリーグを制したマドリーに、この二人が加わることによって、マドリーは世界最高のチームとして、バルセロナを凌駕するだろう。バルセロナはルイス・スアレスを獲得したとは言え、メッシとネイマールが前線に君臨する中、どのように攻撃陣を配置するかは不明だ。少なくとも、誰かは得意なポジションからは離れなければならない。バルセロナがこの状態では、マドリーが着々と世界最高のチームへと足場を固めていくだろう。

参考記事:James Rodriguez and Toni Kroos Make Real Madrid World’s Best Team 



<!– MAF Rakuten Widget TO HERE —>

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara