中田英寿に関する記事が「香川真司の苦悩はモイーズ監督の問題かもしれない」と予想【海外記事】

 

「彼が本当に(パフォーマンスに問題を抱えて)苦労しているかはわかりません。」

マレーシアのクアラルンプールでのチャリティーマッチの後、中田(37)は言った。

「サッカーは簡単ではありません。パフォーマンスだけが問題なのではありません。ときには、監督やチームによって、左右されてしまいます。」

サー・アレックス・ファーガソンが舵取りをしなくなった初めてのシーズン、レッド・デビルズ(マンチェスター・ユナイテッド)は苦しんだ。チャンピオンズ・リーグとFAカップから敗退し、彼らは国内リーグでは、トップのチェルシーから18ポイント離されて7位に位置している。

中盤の構成に関して厳しい批判をするものたちがいる中、香川真司はウェイン・ルーニー、ユアン・マタ、アドナン・ヤヌザイらの後塵を拝している。

デービッド・ベッカムのように尊敬を集め、キャリアのほとんどを欧州で過ごした中田は、香川の状況には同情的だ。

「イタリアで長くプレイしていた私にとっても、様々な監督の下で、いいときもあれば、悪いときもあった。(ファビオ)カペッロさんのときでさえも、です。」

中田はそう言って微笑んで、イベントに同席していたカペッロにうなずいてみせた。

中田は7シーズンをイタリアで過ごし、2001年にカペッロが指揮するASローマでリーグタイトルを共に勝ち取った。後に彼はボルトン・ワンダラーズに移籍し、29歳の若さで引退するまでに、イギリスで一年間プレイした。早くに引退したとは言え、おそらく彼は史上最も有名なアジア人選手に挙げられるだろう。

「最も大切なことは、もし自分の道を見失うことがあっても、日々の練習をしっかりして、次のチャンスに向けて準備をすることです」

参考記事:Moyes to Blame for Kagawa Troubles at United: Nakata

*中田自身は、監督の問題だとは言っていない。監督に左右されることがある、と言っているだけ。


<!– MAF Rakuten Widget TO HERE —>

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara