ヨーロッパ出張:ワルシャワ(ポーランド)編

パリで一週間、親友たちと一緒に過ごして、ワルシャワに到着。

僕が泊まっているのは、ワルシャワ大学のすぐ近くのホステル。これから二週間は沢山の人たちとの共同生活だ。15日には友人のいるオストラヴァ(チェコ共和国)に向かう。

ワルシャワ大学から旧市街地に向かう大通を歩いて取った写真をランダムに紹介。

聖十字教会。ショパンの心臓が置かれている。

ワルシャワ大学の入り口。「国立大学は社会主義時代の影響が今も強い。政治や歴史を学ぶなら、私立の方がいいかな」と、ワルシャワ大学の博士過程にいたポーランド人が言っていた。興味深い発言なので、あとで少し調べてみる予定。この日は、中国人の団体が観光に来ていた。

この通りには、オープンテラスのレストランやカフェがすごく多い。250mlのビールが200円くらい。物価が高いパリからワルシャワに来たこともあって、色々なものがすごく安く感じる。

ワルシャワの街はきれい。ワルシャワに15日まで滞在し、チェコ、スペインを経て、9月にまた戻ってくる予定。色々な会社や大学を訪問して、10月には帰国する。多くの人にとって「ヨーロッパに留学するならポーランド」くらいにできるように、とにかく精力的に動く予定。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara