日本人留学生と日本に興味があるヨーロッパ人で作るコミュニティー

すさまじくバタバタしてるけど、ひとまず先週で二ヶ月以上に及ぶヨーロッパ出張が終わりを迎えた。帰国してからは、主催しているミートアップの集まりを行い、友人たちに会って近況を報告し合い、病院に足を運び続けて、一週間があっという間に経ってしまった。ヨーロッパには、もう少し長くいる予定だったんだけど、個人的な理由から予定を変更して、後に(たぶん11月)もう一度、ポーランドとチェコ共和国に向かう。

日本に興味のあるヨーロッパ人たち

今回の出張で最もよかったことの一つは、日本文化に興味を持っている人たちに、直接会うことができたこと。何人かは以前からツイッターで交流していて、もともと知っていた人たち。他は、イベントや飲み会に参加して出会ったり、友達に紹介してもらって出会った人たち。日本文化に興味のある人たちは、本当に多い。日本人というだけで、何人かの熱心な日本ファンからは質問攻めに会って、J-Rockや漫画の影響力の大きさを身をもって体験した。こんなにも日本のことを好きになってくれるというのは、本当にありがたいことだ。

日本人留学生との交流の機会を

帰国してから僕が構築しようとしているのは、このように日本に興味を持っている人たちと、僕たちを通して留学する人たちを結びつけて、留学先で国際交流してもらう仕組みづくり。今は日本人留学生に日本に興味のある外国人をランダムに紹介している感じなので、もう少し整理して、できれば、それぞれの簡単なプロフィールを作ったり、Google+でグループを作ったりもしたい。外国人は、僕やサポーターが直接会ったことのある人たち、日本人は、僕たちを通して留学する人たちに限定する予定。

大学生、大学の先生、語学学校生、日系企業のビジネスパーソンなど、立場も性別も様々な人たちが、日本語を学んだり、日本文化に興味があったりして、日本人と交流する場を求めている。日本人留学生は、現地に住んでいる外国人との交流を求めている。「じゃあ、この二つのクラスタを俺が結びつければ、お互いにとって有益な交流ができるじゃん」と思ったのが、そもそもの始まり。ポーランドやチェコ共和国といった、いわゆる「親日国」への留学なので、このような交流の機会を作りやすい印象があるのも、「ちゃんと交流の仕組み作りをしてみるか」と思った理由の一つ。

これからの展望

僕は外国で知らない外国人の集団に入っていっても、何の問題もなく溶け込める性格をしているので、ポーランドのミートアップやカウチサーフィンのイベントでは友達が沢山できているし、僕の英語版ツイッターには、日本語を学んでいたり、日本文化が好きだったりするフォロワーが2000人いる。この人たちを通して、これから外国人メンバーを増やしていく。まずは生徒たちが留学するクラクフワルシャワオストラヴァの三都市にいる人たちからだ。

何年か後には、このコミュニティーが日本とポーランド、チェコ共和国の架け橋になってくれると、僕としてはすごく嬉しい。

ポーランド留学はこちら

ポーランド大学英語留学の合格サポート

他のヨーロッパ諸国への留学はこちら

ヨーロッパ大学英語留学の合格サポート

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara