不可能なことを成し遂げた年老いたロバの秘密【人生の困難の話】

アメリカが大恐慌に陥っていた頃の話。

丸太が山積みになったリアカーを車の後部に結んで、丸太を運んでいた男がいた。しかし、山道の途中で、リアカーは側道の溝にはまってしまい、動かなくなってしまった。

引き上げようとしても、車の馬力が足りなくて、リアカーは溝から抜けてくれない。途方に暮れて座り込んでいたときに、一人の老人が通りかかって、男に尋ねた。

「どうしたのかね?」

「リアカーが溝にはまってしまって動けないんです」

「それは大変だ。マイキーに手伝わせよう」

「マイキー?」

「わしのロバだよ」

「ロバでは無理です。かなり深くはまっています」

「それは、やってみんとわからんよ」


そういって、老人はロバを連れてきた。

連れてきたのは、老人と同じくらい、年老いて見えるロバだった。


「これがマイキーですか?」

「そうじゃ」


こりゃだめだ。男はそう思った。


男の予想通り、マイキーがリアカーを引き上げようとしても、リアカーは溝から抜け出す気配はない。



老人は、マイキーを鞭で打って
叫んだ。

「それいけ、マイキー!お前の力を見せてやれ!」


しかし、リアカーは動かない。



「年老いたロバには無理ですよ」

その様子を見ていた男は、思わず口を挟んだ。



「もっと力を入れろ、スティービー!」

老人は、鞭を振るって、再び叫んだ。


「え?スティービー?」

男は戸惑った。



すると、リアカーは動き出した。しかし、まだ溝から出るほどは動かない。



老人は、鞭をしならせ、三たび叫んだ。

「しっかり踏ん張るんだ、フランキー!」


「今度はフランキー?」


すると、リアカーは大きく動き、ついには溝から抜け出した。



男は老人に何度もお礼を述べつつ、こう尋ねた。

「どうしてマイキーを三つの違った名前で呼んだんですか?」


老人は答えた。

「マイキーは目が見えないんだ。もしマイキーが自分一人で引っ張っていると考えていたら、あんたのリアカーは、今も溝にはまったままだっただろうよ」



人生を引っ張り上げるとき、一人きりで引っ張るよりも、誰かが一緒に引っ張ってくれているとわかると勇気付けられる。力も湧いてくる。

人は大変な環境に立ち向かうとき、一人きりで向かっていく必要はない。人生の困難には、一人きりで戦う必要はない。誰もが一人で戦場にいるわけではない。

一人で困難と戦っているように見える人がいたら、その人の人生を一緒に引っ張る人間でいたい。少しのことでも、特に何もしなくても、その人に一人ではないと感じさせられる人間でいたい。小さく見えるその行為は、思いもかけない強さを誰かに与えることもあるんだから。

 

関連エントリー:

「一番苦しいときにどんな言葉をもらったかで、その後の人生が決まる」【信頼の力の体験談】

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara