Good Friends Japan学生サイト
人生の話

嫉妬のあまりに自分の羽を差し出し続けた大きなワシ

昔、二羽のワシがいた。一方の小さなワシは、長い時間かけて飛ぶ練習をしていたこともあり、もう一羽の大きなワシよりも、速く、空高く跳ぶことができた。同じように飛べない大きなワシは、表情には出さないものの、この小さなワシのことを、いつも心で苦々しく思っていた。


そんなある日、嫉妬を抱えた大きなワシは、一人の狩人に出会う。そして、狩人にこう頼んだ。

「謝礼は払うから、あの小さなワシを弓矢で射殺してくれませんか?」


狩人は答えた。

「今は矢につける羽がないけど、それがあれば何とかできる」


「それなら、これで」

ワシは、自分の羽を一枚差し出した。

 

「ああ、これなら大丈夫だ」


狩人はその羽を矢につけ、優雅に飛び回る小さなワシをねらって、鋭い一発を放った。

「ダメだ!逃げられた!あいつは見事に空を飛ぶな。これは難しいぞ」

「あんなの、大したことないですよ。もう一度、お願いします」


その後、嫉妬心を抑えきれない大きなワシは、何とかしてあの小さなワシを殺そうと、狩人が狙いを外すたびに、何度も何度も自分の羽を差し出した。ただ、あの有能な小さなワシに弓矢を食らわせてやろうと考えながら。


しかし、それでも小さなワシは射止められない。


「すまんが、あいつは俺には手に負えないよ」

何度も失敗して根負けした狩人は、やがて、そう言って去っていった。


取り残されたワシは、あまりに多くの羽を失って飛ぶことができず、その夜、狼に食い殺された。

 

嫉妬から相手を攻撃しても、失うのは自分自身の羽。そういう人間からは、周りの人間は離れていき、やがて飛ぶことさえもできなくなる。

自分の羽は自分が飛ぶために使うのが、幸せになるための第一歩。他人を撃ち殺すために羽を使っていては、あなた自身は一生、大空を飛ぶことはできない。

ABOUT ME
Yasu
Good Friends Japan CEO. We aspire to offer opportunities of international education especially to unprivileged young adults. ヨーロッパと台湾で仕事をする北海道育ち。大学をアメリカ、大学院をカナダで修了。リベラルアーツ教育、宗教教育修士。