Good Friends Japan学生サイト
日本語ブログ

エデン・アザールが、世界一の選手になるだろう7つの理由【海外記事】

若くしてモウリーニョ・チェルシーの攻撃の中心になったアザールは、クラブでもベルギー代表でも、順調な成長を遂げている。彼が世界のトップに立つのを妨げるものは何もないようにさえも見える。ここでは、そのためのキーになるポイントを7つ紹介する。

参考

 

7.技術

アザールが、世界一になれるだけのサッカー技術を持っていることは、疑いの余地がないだろう。空中のパスを綺麗なタッチでコントロールしたあと、エリア内に切り込んで、ボールを持つ足をスイッチして、ゴールを叩き込んだ、昨夜の試合で決めた2点目が、全てを物語っている。

 

6.フィジカルの強さ

アザールは、クリスティアーノ・ロナウドのような空中戦の強さとパワーを持つことはないだろう。しかし、メッシが持つような、下半身の強さがある。それが急に方向を変えたり、ディフェンダーが付いて来られないほど鋭角にターンしたりすることを可能にしている。

 

5.年齢

アザールは、まだ24歳だ。数年後には、若い選手にしては、驚くべき程のトップレベルでの経験を積んでいるだろう。彼のピークが多くの選手のように28歳前後とすれば、そのときメッシは32歳だ。このアルゼンチン人は、まだ素晴らしい選手だろうが、アザールはフィジカルの面で、彼を上回っているはずだ。

 

4.コーチング

今までのキャリアの中で、アザールは既に様々なタイプのコーチングの恩恵に与っている。多くの良い選手を生んでいるベルギー代表のコーチ陣から、攻撃の詳細なコーチングをするリールのガルシア監督、規律を重んじるモウリーニョ監督まで、様々なコーチングを経験している。

 

3.ひらめき

偉大な選手は、試合を読むことなど簡単なことだとさえ、周りに思わせるほどの、ひらめきを持ちあわせている。ロナウドとメッシは、無慈悲なほどに効率的なゴールマシンだが、同時に試合ごとにキラリと光る技も見せている。アザールには、ピッチという劇場で、同じものを見せる力がある。

 

2.チーム

現在のブルーズは、日々成長しており、長きに渡ってアザールがトップレベルでの挑戦をする場を提供してくれるだろう。彼は仲間とともにレベルアップして、チームも主に彼の攻撃センスを中心に建て上げられている。

 

1.態度

力を妨げる唯一のものは、選手としての態度だが、この点では、アザールは模範的だ。実際、彼の父はモウリーニョと話をし、彼はもっと傲慢で自己中心的になる必要があると伝えている。

あわせて読みたい
約166万円でスポーツマネジメント専攻でヨーロッパ留学する方法(スペイン・ドイツ編)EUビジネススクールは、スイスに本部を置くビジネススクール。キャンパスは、スイス本部のジュネーブ、モントルーの他に、バルセロナ(スペイン...
ABOUT ME
Yasu
Good Friends Japan CEO. We aspire to offer opportunities of international education especially to unprivileged young adults. ヨーロッパと台湾で仕事をする北海道育ち。大学をアメリカ、大学院をカナダで修了。リベラルアーツ教育、宗教教育修士。
関連エントリー