アレクシス・サンチェスについて、あなたが知らない5つのこと【海外記事】

サンチェスは、夏に4200万ポンドでアーセナルに加入した。最初の17試合で11得点を決めた、このウィンガーについて、あなたが知らないかもしれない5つのことが以下だ。

1.貧困

サッカーでの成功によって、貧困生活からリッチな生活ができるようなった選手たちは多くいる。サンチェスのケースは、その中でも厳しいものだった。チリの炭鉱地域で育ち、彼の母親は、家計を助けるために、彼の学校で掃除係として働いていた。

 

2.仕事

若い頃、サンチェスはサッカー一筋だった。しかし、家族が生きていくために、車の掃除などの仕事もやらされており、また、路上でのアクロバティックなパフォーマンスをしてお金を稼いでいた。当時、尽きないエネルギーで、「リス」というあだ名をつけられていた。、その後、若くしてサッカーの才能を発揮し始めると、次第に「El  Niño Maravilla」(ワンダーボーイ)と呼ばれるようになった。

 

3.グアルディオラ

バルセロナとの契約の後、当時のペップ・グアルディオラ監督は、サンチェスについてこう言っている。

「アレクシスは、私の心を奪った。彼と一緒にいられるのは嬉しいよ。とても謙虚な男なんだ」

 

4.初のチリ人選手

サンチェスがアーセナルと契約した時、彼はアーセナル史上2番目に高額な選手だった。また、バルセロナの時と同様に、彼はこの北ロンドンのクラブで初めてのチリ人選手だった。

 

5.故郷への想い

サッカーという仕事に対するサンチェスの飢えと強い決心は、家族を養いたいという想いだけでなく、極貧の故郷トコピジャの人たちを助けたいという想いからも来ている。5つのトコピジャのサッカー場を改良するために、彼は14万ポンドの寄付もしている。

参考

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Good Friends Japan CEO. We aspire to offer opportunities of international education especially to unprivileged young adults. ヨーロッパと台湾で仕事をする北海道育ち。大学をアメリカ、大学院をカナダで修了。リベラルアーツ教育、宗教教育修士。