アンヘル・ディ・マリアについて、あなたが知らない5つのこと【海外記事】

1.アルゼンチン第三の都市ロザリオで1988年に生まれたディ・マリアは、同国のスターであるリオネル・メッシと故郷が同じである。しかし、メッシが13歳でヨーロッパに旅立ったのに対し、ディ・マリアは故郷に留まり、ユース時代をロザリオ・セントラルでプレーし、2005年、17歳の時に同チームでプロデビューした。

2.子供の頃から、二人の姉妹と一緒にローカルの炭鉱で働いて、両親を助けていた。貧しい家に育ち、低収入のために、サッカーシューズを買うのにも一苦労した。

3.2007年、アンヘル・ディ・マリアは、故郷のロザリオ・セントラルからポルトガルのベンフィカに、わずか600万ポンドで移籍した。2010年7月には、スペインのビッグクラブであるレアルマドリードに、移籍金2500万ポンド、インセンティブ1100万ポンド付きで移籍した。

4.2008年、ディ・マリアは、オリンピックのアルゼンチン代表に選ばれ、北京五輪でプレーした。決勝のナイジェリア戦では、ディ・マリアは決勝点を挙げ、金メダルを掲げている。

5.2014年に8月、ディ・マリアは、5900万ポンドでマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。これは史上5番目に高額な移籍金であり、イングランド史上最高の金額である。 参考  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara