本田圭佑のデータ:2014/2015シーズンと2013/2014シーズンの比較【海外記事】

2013年に本田圭佑がACミランと契約したとき、その発表を多くが熱狂的に歓迎した。チャンピオンズリーグとW杯経験者であり、まだ若い27才の司令塔を、ロッソネリ(ミラン)は獲得に成功したのだ。CSKAモスクワでの4年間で、この10番は自身の才能を世に知らしめた。ここイタリアでは、イタリア人指揮官アルベルト・ザッケローニの元で日本代表としてプレーした、2013年のコンフェデレーションカップでの本田のパフォーマンスが、多くの人の印象に残っているだろう。

しかし、セリエA移籍後、本田のキャリアは停滞気味だ。2013/2014シーズン後半、最初の数ヶ月の彼は、全く印象に残らない選手だった。公正を期するために付け加えると、ミランでパフォーマンスが芳しくなかったのは、彼だけではなく、ほぼ全ての選手が当てはまるが。

最初の16試合で彼が記録したのは、わずか2ゴールだった。確かに、才能の片鱗を見せることはあった。しかし、継続性がなく、フィリッポ・インザーギ監督のフォーメーションにもフィットしていないようだった。

6得点2アシストを7試合で記録した今シーズンは、本田によりよいシーズンが来ることを予感させた。しかし、それ以降、本田は目立たなくなっている。10月以降、彼は得点もアシストも記録しておらず、プレースキッカーとしても、失望させる数字を出している。


Apps=出場, Mins=試合時間, Assists=アシスト, KeyP=キーになるパス(一試合平均), AvgP=パスの本数, PS%=パス成功率, Crosses=クロス(一試合平均), LongB=ロングボール(一試合平均), ThrB=スルーパス(一試合平均), Raiting=評価(数字が高ければ高いほど高評価)


当初の本田はサイドで輝いたが、今はサイドでプレーしても、中央でプレーしても、全く能力を発揮できていない。Whoscored.comは、本田が一試合平均で、たった一度しか決定的なパスを通していないとするデータを出している。


Serie A’s top passers, via Whoscored.com

Squawka.comによると、今シーズンの本田のパス成功率は80%、シュートの正確性は65%だ。この数字の大部分は、シーズン当初の好調な数字に支えられている。昨シーズンは、パスの成功率は84%だった一方、シュートの正確性は22%となっている。

同サイトの統計では、今シーズン最も印象的な活躍をしている攻撃的選手パウロ・ダイバラとフェリペ・アンダーソンと比較しても、本田のデータは、それほど悪くはない。しかし、好調だった最初の7試合を除くと、本田のデータは全く異なったものになる。

ミラン移籍前、CSKAモスクワでの最後のシーズンでは、本田はほとんど得点することはなかった。しかし、彼は頻繁にチームメイトのためにチャンスを作り出していた。しかし、サン・シーロ(ミランの本拠地)では、そのチャンスメークが枯渇してしまった。

本田がロシアからの移籍を模索していた頃、ジャパンタイムズのインタヴューで、ビッグクラブへの移籍は自分を更によい選手にするだろうと語っている。

もし僕がビッグクラブに行けば、今より遥かに優れた選手になれる。向上するのは、少しではない。僕は周囲のものは何でも吸収するタイプ。優れた選手たちとプレーすれば、それだけ自分も向上する。キャリアにおいて、僕がここまで来ることができたのは、そのためでもある。

質において、本田がミランでステップアップしたようには見えない。もし変化があったとしても、彼は逆に退行しているとすら見える。クラブの継続的な問題や選手の質が影響しているため、ここには議論の余地はあるのかもしれない。しかし、ジェレミー・メネズのような選手は、たとえ悪い状況にあっても、個人の努力によって、印象的なプレーを残している。

日本代表のチュニジア戦の1得点1アシストは、彼が好調時のフォームを取り戻したことを示唆している。しかし、批判の声を黙らせるためには、本田は、同じことを強豪相手にクラブで行う必要があるだろう。

by Colin O-Brien

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara