CATEGORY チェコ共和国

チェコ共和国

チェコ共和国のインターナショナルスクールで日本文化を教え、同時に英語を学ぶ人を募集する

11月27日に東京に行くことになった。東京で友人たちやサポーターに会い、香港を経由して、ポーランドとチェコに向かう。現在の計画では、クリスマスも年末年始もポーランドで過ごすことになる。 北米の大学と大学院を卒業し、カナダとシンガポールで働き、香港に頻繁に飛び(今回で9回目)、今はポーランドとチェコを中心に事業を進めている。大学時代から、ほとんど日本にはいなくて、海外を飛び回っているので、安い飛行機を探すのは段々と得意になってきた。今のところ、香港—ポーランドの報復が9万円くらい。「安っ!」というほどではないけど、がっかりするほど高くもない。セールがなければ、こんなものだ。 さて、最近、チェコ人の友人と親しいインターナショナル・スクールの創設者と、日本人の英語学習者向けに事業をすることにした。現段階では、インターナショナル・スクールで、チェコの子どもたちに簡単な日本語を教えながら、イギリス人の先生に英語を教えてもらう、という仕組みを念頭に置いている。インターナショナルスクールは英語環境なので、子どもたちと触れ合うことで、英語力も自然に伸ばすことができるし、子ども好きには、最高の環境になる。日本語教育を勉強している人などにもピッタリな留学を用意できるだろう。 まだ正式に募集していないけど、興味のある人がいれば、このようなインターナショナルスクールでの体験学習を、これからアレンジしていくので、連絡をくれると嬉しい。まだ相手側と話し合っている段階なので、詳細を伝えるのに時間がかかるだろうけど(12月にはチェコ共和国で正式に契約する)、かなり好感触で話が進んでいるんで、インターナショナルスクールで日本文化の講師+英語学習くらいであれば、実現できるだろう。その人の希望に合った形の体験学習を、学校の理事長と交渉して実現することもできるかもしれない。 学校の場所は、チェコ共和国第三の都市オストラヴァ。ワルシャワと並び、僕が最も安心して、留学生を送り込める都市だ。札幌の友人に「プラハじゃないんですか?」と言われたけど、「現段階ではオストラヴァ」というだけで、将来的にはプラハの学校とも事業提携することを考えている。いくつかの事業を抱えて僕の頭がパンクしそうなので、プラハに関しては、再来年以降の話になるだろう。今は、プラハよりも遥かに物価が安く、日本文化好きな友人がいるオストラヴァに集中だ。 友人たちやサポーターの協力のおかげで、「裕福な家庭出身以外の子にも、英語留学の選択肢を」という、僕の長年の想いが、少しずつ現実味を帯びてきた。 大学進学が難しい児童養護施設の若者が、チェコのインターナショナルスクールで英会話力を身につけ、その後、ポーランドの大学を卒業し、大学卒業時にはバイリンガルとして、海外や日本の企業に就職したり、起業したりする。自分やサポーターたちが作った仕組みで、社会的に困難な状況にある人が、日本に興味のある外国人たちと仲良くなり、大学で英語力も身につけて、私生活も仕事も充実させ、未来を好転させる。 そんな日が来るのを夢見て、三連休中の札幌で、せっせと仕事に励んでいる。理不尽で不公平な社会の構造は、自分の行動で変えていく。数日中に終わらせるべき仕事が山のようにあるけど、自分の想いを実現するために働けるのは幸せだ。

チェコ共和国

日本人留学生と日本に興味があるヨーロッパ人で作るコミュニティー

すさまじくバタバタしてるけど、ひとまず先週で二ヶ月以上に及ぶヨーロッパ出張が終わりを迎えた。帰国してからは、主催しているミートアップの集まりを行い、友人たちに会って近況を報告し合い、病院に足を運び続けて、一週間があっという間に経ってしまった。ヨーロッパには、もう少し長くいる予定だったんだけど、個人的な理由から予定を変更して、後に(たぶん11月)もう一度、ポーランドとチェコ共和国に向かう。 今回の出張で最もよかったことの一つは、日本文化に興味を持っている人たちに、直接会うことができたこと。何人かは以前からツイッターで交流していて、もともと知っていた人たち。他は、イベントや飲み会に参加して出会ったり、友達に紹介してもらって出会った人たち。日本文化に興味のある人たちは、本当に多い。日本人というだけで、何人かの熱心な日本ファンからは質問攻めに会って、J-Rockや漫画の影響力の大きさを身をもって体験した。こんなにも日本のことを好きになってくれるというのは、本当にありがたいことだ。 帰国してから僕が構築しようとしているのは、このように日本に興味を持っている人たちと、僕たちを通して留学する人たちを結びつけて、留学先で国際交流してもらう仕組みづくり。今は日本人留学生に日本に興味のある外国人をランダムに紹介している感じなので、もう少し整理して、できれば、それぞれの簡単なプロフィールを作ったり、Google+でグループを作ったりもしたい。外国人は、僕やサポーターが直接会ったことのある人たち、日本人は、僕たちを通して留学する人たちに限定する予定。 大学生、大学の先生、語学学校生、日系企業のビジネスパーソンなど、立場も性別も様々な人たちが、日本語を学んだり、日本文化に興味があったりして、日本人と交流する場を求めている。日本人留学生は、現地に住んでいる外国人との交流を求めている。「じゃあ、この二つのクラスタを俺が結びつければ、お互いにとって有益な交流ができるじゃん」と思ったのが、そもそもの始まり。ポーランドやチェコ共和国といった、いわゆる「親日国」への留学なので、このような交流の機会を作りやすい印象があるのも、「ちゃんと交流の仕組み作りをしてみるか」と思った理由の一つ。 僕は外国で知らない外国人の集団に入っていっても、何の問題もなく溶け込める性格をしているので、ポーランドのミートアップやカウチサーフィンのイベントでは友達が沢山できているし、僕の英語版ツイッターには、日本語を学んでいたり、日本文化が好きだったりするフォロワーが2000人いる。この人たちを通して、これから外国人メンバーを増やしていく。まずは生徒たちが留学するクラクフ、ワルシャワ、オストラヴァの三都市にいる人たちからだ。 何年か後には、このコミュニティーが日本とポーランド、チェコ共和国の架け橋になってくれると、僕としてはすごく嬉しい。 ポーランド留学はこちら ポーランド大学英語留学の合格サポート 他のヨーロッパ諸国への留学はこちら ヨーロッパ大学英語留学の合格サポート

チェコ共和国

ヨーロッパ格安大学英語留学に、チェコ共和国という選択肢を

ポーランド大学英語留学の助かるところは、9月まで英語コースの受付をしている大学が三つあることだ。ワルシャワの大学英語コースであれば、今からでも申し込みは間に合う。ありがたいことに、飛び込みで留学するがちょくちょく出てきた。みんなには、ポーランドと日本の架け橋の役割を果たしてほしい。 さて、ワルシャワ、チェコ共和国第三の規模の都市オストラヴァ、「世界一美しい広場」で有名な古都クラクフを経て、今はノルウェー航空(空の上でもWiFiが使える)でスペインのバルセロナに向かっている。 チェコ共和国では、思った以上の仕事の進展があった。来年度からは、オストラヴァにも学生を送る体勢が整うだろう。まさか、こんなに早く固まるとは思わなかった。全ては友人のペトラのおかげ。 オストラヴァの印象は、一言で言うと「安っ!」パリからワルシャワに行ったときも同じ事を思ったけど、オストラヴァの物価の安さはワルシャワの遥か上を行く。居住費、飲食費はワルシャワの6〜7割程度で済み、当然、チェコ共和国の首都プラハよりも安い。これでチェコ共和国の第三の規模の都市。大型ショッピングモール、バー・パブが集まった飲屋街、めっちゃくちゃ安いカフェの数々など、様々なスタイルの学生生活を送るのに、とてもいい環境だ。 近隣の町オパヴァでは、きれいなレストランに連れて行ってもらった。ちょうどミュージック・フェスティバル真っただ中で、そのゲストに招かれていた有名なミュージシャンが、僕たちの隣の席で食事をしていた。そのレストランでビールを飲んで、しっかりメインコースの肉を食べても、会計は800円くらい。安すぎる。このレベルのレストランで800円。平均的な店では、この3割〜4割程度だった。 週末は名門オストラヴァ工科大学の関係者の家に招かれ、バーベーキュー。英語を流暢に話す、この工学博士トムの家が、あまりにモダンなデザインでビックリ。村の中に一軒だけ、いい意味で異彩を放っていた家だった。写真を取り忘れたのが悔やまれる。 お茶とワイン好きの家庭で、美味しいワインを勧められて飲むうちに、僕も少々飲み過ぎた。 お金持ちのお坊ちゃん、お嬢ちゃんが沢山集まるICUという大学での体験を経て、留学という可能性を金持ち日本人以外にも開くことを考えていたこと、そして、教会という特殊な場での働きを通して、社会的に困難な環境の10代、20代に多く出会い、そのような人たちが国際教育をきっかけに、将来を切り開ける道筋をつけることに使命感を感じていることなど、ずっと考えていたことを、情熱いっぱいにまくしたててしまった。さすがに4杯のワインは、僕には多かったようだ。 独立にあたり、僕がポーランド、スペイン、ドイツを調査したことを話すと、トムにこう言われた。 「何だって?オストラヴァの大学は無視する気かい?笑」 「いやいや、僕だって、この街で日本人が学んでほしいですよ(笑)。ペトラやアダムがいるし、知り合いにいい人が多いから、ここだったら安心して日本人を送れますもん。日本人から見てあれだけ安かったワルシャワよりも、ここは物価も随分と安いし。でもプロジェクトとして形にするには、大学で英語コースや英語で学位が取れるプログラムが必要な上に、現地で日本人のケアをするパートナー企業や日本人に理解のある現地人が必要なんです」 この言葉を聞いたペトラが、のちに積極的に大学関係者に働きかけてくれた。 「ボランティアアシスタントだと思って、私に何でも言って。喜んで協力するから」 言葉では言っても、実際に実行してくれる人は少ない。でも、このように言ってくれたペトラの行動力はすごかった。僕が独自に調査したことを元に、大学に直接連絡を取り、詳細に情報をレポートにまとめてくれた。フルタイムの仕事をしながらなのに、僕とのやり取りのスピード感もすごかった。ぶっちゃけ、ポーランドのパートナー企業にも、彼女のような優秀な人はいないと思う。 ペトラのおかげで、ポーランドだけでなく、チェコ共和国の大学とも提携することは、ほぼ決まった。全てのことが60%程度整ったら、まずは始めて、そこから少しずつ軌道修正をする。来年には、何人かが僕たちを通して、チェコ共和国に留学していることだろう。オストラヴァであれば、安心して留学生を送れる。 ポーランド人と日本人の交流だけでなく、これからはアジアに興味のあるチェコ人と日本人の交流も活発にする。留学までの手助けも大切だけど、僕はポーランドやチェコに留学する日本人留学生たちが、現地で孤立しない仕組みを作ることも、同じくらい重要度の高い仕事だと思っている。願書やビザの手助けよりも、何倍もの時間とエネルギーがいる仕事だけど、僕のツイッターには日本文化好きが2000人くらい集まっているし、会社のFacebookにも多くの日本文化好きがいるので、ここから突破口を見つける予定。 チェコ共和国、とくにオストラヴァに格安留学したい人は、連絡をくれると嬉しい。特にオストラヴァは、留学費用を抑えて英語留学したい人には、本気でお勧めする。 格安のポーランド大学英語留学もある。 ポーランド大学英語留学の情報 ポーランド短期英語留学 ポーランド半年・一年英語留学