CATEGORY チェコ共和国

チェコ共和国

【休学・認定留学】ポーランドのヤギェウォ大学への英語留学を勧める理由

問い合わせが多いので、クラクフにもちょっとした拠点を作ることにした。真っ先に提携先候補に思い浮かんだのが、前に訪問したヤギェウォ大学とクラクフ経済大学。幸い、2017年の大学訪問をした際によい返事をもらっていたので、まずはこの二大学を中心に、クラクフに日本人留学生を集め始めることにした。   ヤギェウォ大学について   今回紹介するのが、ヤギェウォ大学のCentre for Advanced Studies in the Humanities。 修士課程も英語で開講しているけど、今回焦点を当てるのは、1学期・1年間の学部留学プログラム。大学生はもちろんのこと、社会人、高校を卒業したばかりの人でも、交渉によっては留学が可能になる。 率直に言って、以前までは「年間10,000ドルという学費の高さが魅力を消しとばす、少し残念なプログラム」という社内評価。そもそも、これはヨーロッパによくある「外国人留学生向けに作られたプログラム」で、正規留学に比べて受け入れの難易度が低く、学費はかなり高めになっている。 これだけ学費が高いと、北欧、西欧の留学の方が安いケースが多いので、よほどクラクフ、ヤギェウォ大学に固執するのでなければ、ここは勧められなかった。実際に今までは、ここではなく他の大学を勧めている。 でも、2018年の学部訪問の際の話し合いの結果、当社の学生の学費を年間7,500ドル以下(一学期のみ留学の場合は4,000ドル以下)まで下げてくれることになったことで、以前よりは少し魅力的なプログラムに映るようになった。 まとめてGood Friends Japanの学生として出願することで、入学者全員の学費が一律に下がるので、出願する人は必ず一旦、こちらまで連絡をしてほしい。同学期に入学する人が6人以上いれば、当社で一人年間5,750ドルまで学費を下げられる。   協力関係にあるのはCentre for Advanced Studies in the Humanitiesなので、こちらの分野に絞って強みと微妙な点を挙げてみる。 少人数教育 大学自体は典型的な中欧の総合国立大学で、少人数教育で知られているわけではない。Centre for Advanced Studies in the Humanitiesは規模が小さく、このプログラムは、通常の学部留学とは違い、特別な形で少人数教育を前提に設計されている。   大学の外部評価が高い ヤギェウォ大学は、ワルシャワ大学と並び、ポーランドの2大難関国立大学の一つ。クラクフには他にも外部評価の確かな大学があるが、その中で最も有名なのがこのヤギェウォ大学。ポーランドのみならず、中欧全体でも、最も外部評価の高い大学のベスト5に入る。   他学部の授業も取れる 受け入れを担当するのは、Centre for Advanced Studies in the Humanitiesで、人文科学系統の学問を中心にした学部だが、政治、経済系統の授業など、他の学部で英語で開講している授業を履修して、単位を取ることもできる。   街が魅力的 クラクフは、もともとポーランドの首都で、ポーランド最大の観光地。日本で言えば、ワルシャワは東京、クラクフは京都に例えられることも多い。   空港への出迎えがある 平日の日中であれば、空港への出迎えを大学が無料で行ってくれる。初めて海外に行く人にとって、到着から大学寮までの道で、不安になることが少なくなる。   【おまけ】サーシャが面白い ここでは日本で勉強していたサーシャが、博士課程の学生&講師として、在籍している。ものすごくフレンドリーなので、ぜひ話しかけてほしい。映画関連のクラスでは、サーシャが講師を務めている。…