CATEGORY ポーランド

ポーランド

ポーランドの首都ワルシャワに着いたら参加してほしい、ウォッカ付きの2時間無料ツアー

どこの都市に行っても、まず試してほしいことの一つが、無料のツアーに参加すること。ワルシャワに到着したとき、僕は最初に、ガイドがオレンジの傘を持って案内する、オレンジ傘無料ツアーに参加した。 王宮広場にあるジグムント三世記念碑の下に、午前11時に集合。 そこでしばらくポーランドの歴史に関する説明を受けて、すぐそばの旧王宮へ移動。旧王宮では11時15分から国歌の演奏があるので、それに合わせて移動しているようだ。 演奏が終わると自然と周りから拍手がわき起こる。僕も思わず拍手していた。   元々、王宮は古くからの建築様式で作られていた。ジグムント三世の時代に立て直すときには、王宮は既に時代遅れになっていたので、そのときに近代的な四角い窓に作り替えられたそう。 ガラス窓はついていないけど、今でも昔の形の窓のあとは見ることができる。建物に近づいてみると、小さな欠片をつなぎ合わせたり、燃えて黒かったりする部分があり、それらは破壊される前の建築の残骸らしい。 第二次世界大戦中に破壊されたので、現在の建物は20世紀に復元されたもの。この辺りの多くの建物は、主にイタリア人とドイツ人によってデザインされていたので、ガイドは「ドイツ人が作った建築をドイツ軍が破壊するのは皮肉なことだ」と言っていた。 王宮広場から旧市街の市場広場へ。この辺りの小道には、素敵なショップが沢山ある。 この辺りにはオープンテラスのカフェが多い。オープンテラスのカフェと言えばパリ、というイメージがあるけど、ワルシャワにも沢山ある。ありがたいことに、ワルシャワの方が食べ物も飲み物もはるかに安い。小さなグラスのビールをカフェで飲むと200円くらいで、小休憩をするのにちょうどいい。午後になると沢山の人がカフェでのんびりしている。 スウェーデンに姉妹像にあたるものが現存する、市場広場にある人魚の像。ちょっと見づらいけど、右にある剣を持ってる黒っぽい像がそれ。 伝説によると、スウェーデンからポーランドにやって来て、沢山の男性を虜にしたが、男を取られた女性たちの怒りを買い、結局は牢屋に閉じ込められてしまったそう。牢屋から彼女を救い出した漁師との約束で、ワルシャワ地区を守ることになったとか。いろいろな話のバージョンがあるらしく、これは僕が行ったときのガイドが話していたバージョン。 戦争中にワルシャワの街を守っていた城楼(バルバカン)。 旧市街から新市街に続く道。ここにも有名な教会と沢山のカフェ、レストランが並んでいる。この先の新市街に行くと、比較的カフェは空いてるけど、この辺りはまだ人で溢れることが多い。 マリア・スクウォドフスカ(キュリー夫人)が住んでいた家で、現在は彼女の功績を讃えるミュージアムになっている。 「キュリー」は結婚したフランス人の旦那さんの姓で、ポーランド人には「スクウォドフスカ」の方が馴染みがある。僕も子どもの頃に読んだ伝記の影響で、「キュリーさんの妻」という意味のキュリー夫人ではなく、マリア・スクウォドフスカという一人の女性としてこのポーランド人科学者を覚えているので、「キュリー夫人」という日本語訳は違和感がある。 誰かの「夫人」という形で訳す必要があるのかどうか、僕には謎。 再び城楼に。この城楼も、戦時中に破壊されたが、その後に修復された。 子ども兵士の記念碑。実際は、この年齢の子どもたちが戦争に駆り出されることはなかったそうで、この記念碑は象徴的な意味合いが強い。「事実がないのかよ。じゃあ、それは捏造だろ」と参加者が言っていたが、まあ、象徴的ってことで、ゆるく捉えてほしい。 オレンジ傘ツアーと提携のあるパブで、無料のウォッカとおつまみをもらう。周りの人たちと話していて、ウォッカの写真を取り忘れた。「ウォッカなんて飲めないよ」と思ってたけど、意外と抵抗なく飲めた。 クラクフからワルシャワに首都を移動した王、ジグムント三世の記念碑に戻って来た。 カトリックの「聖人」でもない人間の像が、塔の高いところに位置するのを、当時のカトリック教会は反対したらしい。侃々諤々の議論の末、市内には設置は許可しないが、市の外であれば許可する、という妥協点を見いだしたとか。 そこでジグムント記念碑が建てられたのが、旧市街の塀のすぐ外。これでギリギリ市外になり、基準をパス。今では王宮広場のシンボルの一つだ。 終わった後は、仲良くなった参加者たちと、ガイドが勧めてくれたBar Warsawへ。昼間から結構な量を飲んで、そのまま夜までみんなでご飯食べたり、お茶を飲んだりして解散。楽しかった。 オレンジ傘ツアーは、毎日午前11時から。午後1時過ぎには、ジグムント記念碑の下で解散。「手っ取り早くワルシャワの歴史や旧市街を知りたい」、「わざわざお金出してウォッカは飲みたくないけど、試してみたい気持ちはある」などという人は、ワルシャワで是非参加してほしい。 参考:Orange Umbrella Free Tour Warsaw

ポーランド

29万で一年間のヨーロッパ英語留学(学費)

クラクフの聖マリア教会 photo credit: NicoTrinkhaus via photopin cc 住居費(寮・アパート)、食費、交通費などは、2050ユーロには含まれていない。だけど、ポーランドはヨーロッパの中でも生活費が格安。寮は月2万円もかからないし、アパートは月3〜4万円程度。 転職のために英語力を上げたい、大学を休学してヨーロッパに住みたい、ヨーロッパを体験しながら格安で英語を学びたい、という人は、ぜひ体験してみてほしい。 *同程度の学費で学部留学する選択肢はあるが、これはクラクフに限らず、他の国の大学でもできる。北欧であれば、学費無料で、一学期、一年間留学することも可能。  

ポーランド

ポーランド大学英語留学をためらわせるかもしれない4つのこと

以前に『ポーランド大学英語留学を薦める9つの理由』を書いた。よいことばかりを書くのは気が引けるので、ポーランドに英語留学に関して、マイナスになるかもしれない点を、思いつくままに4つ挙げておきたい。 1.第二外国語としてのポーランド語を、半強制的に学ぶことになる 授業やクラスメイトとの会話は英語だけど、街に出て買い物に行けばポーランド語の世界。英語を話せるクラスメイトと英語のプログラムで学ぶので、短期であれば、そこまで英語を話せないポーランド人と接する機会もなく、ポーランド語を覚える必要はないかもしれない。でも、ポーランドで長く生活するとなると、読み書きと議論ができるレベルの英語に加えて、日常会話レベルのポーランド語をマスターするのは必須になる。「他の言語を学ぶことに興味はない。英語だけに特化したい」という人は、ポーランドではなく、最初から英語圏に留学に行った方がいい。   2.日本からのアクセスが不便 チャーター便を別にすれば、今のところ、日本からポーランドまでの直行便はない(涙)。日本からポーランドに行くには、どこかで乗り換えをしなければならないし、時間も16時間以上かかる。時間的には、日本から北米の東海岸に行くのと大差はないけど、乗り換えという行為に対する心理的障壁が大きい人は結構いる。「時間かかる上に、乗り換えなんて有り得ない。日本までの往復が面倒」という人は、もっと日本からの交通が便利な国に留学した方がいい。   3.なまらマイナー 英語圏や人気のある第二外国語が使用されている国への留学は人気があるが、ポーランドという未知の世界に留学する人は少ない。台湾、中国、韓国、フランス、ドイツ、スペインなどは、留学エージェンシーも沢山あって、多くの日本人がこぞって留学しているが、ポーランド留学は、はっきり言ってかなりマイナー。「人と違う経験をしてくる」という人にはポーランド留学はいいかもしれないけど、「やっぱ、留学するならメジャー路線を行きたい」という人は、ポーランド留学は選択肢から外した方がいい。   4.日本語の情報が少ない メジャーな留学先には大量の日本人がいるので、その分、現地の日本語情報も豊富だけど、ポーランドに関しては、日本語での情報が少ない。「そんなの、英語で情報を得ればいいだろ」と言えるのは、英語がわかる人たちだけ。特に留学当初の英語がよくわからない時期は、日本語での情報があれば、とても役に立つ。JAPANYが日本語のサポートはするけど、自分で日本語で色々な情報を手に入れたい人には、ポーランド生活は、ちょっと不便かもしれない。 関連記事: ポーランド大学英語留学の情報 ポーランドの大学英語留学を薦める9つの理由   <!– MAF Rakuten Widget TO HERE —>