CATEGORY

留学生もバックパッカーも要注意!飛行機に乗るときに気をつけるべき2つのこと

先月末に帰国した。11月27日に日本を出発し、約2ヶ月間、トルコ、ハンガリー、そして、再びポーランドを回った。2014年7月から9月までもヨーロッパ出張に行っているので、ここ半年は、日本にいる期間が2ヶ月程度だった。 二度の出張で、じっくりと調査、ミーティング、人脈形成を行い、パートナーやサポーターとの連携強化を重ねて、事業拡大の目処は立った。おそらく、5月前後に、またハンガリーとポーランド、そしてチェコにも行くことになるだろう。無駄なオフィスや広告費を徹底的に削減して、その分を現地での活動経費に充て、これからも事業を展開していく予定だ。   飛行機に乗るときに気をつけること さて、今日は、飛行機に乗るときの注意事項を二つ。飛行機に乗るときには、いろいろと気をつけることがある。多くのことは、既にたくさんの人がウェブ上に書いてくれているので、あまり僕から付け加えるようなことはない。ただ、以下の二つだけは、僕も少し油断していて、今回の出張で問題になりかけたので、念のために記録を残しておく。飛行機に乗る際は、必ず以下の二つを実行してほしい。 1.航空会社から送られてくる確認メールは、ステータスもチェックする 僕はいつも、チケットを買ったら、送られてくるメールは、出発ターミナル、日付、時間、予約番号くらいしかチェックしない。そのため、今回は、出発前日に購入したチケットのステータスがSuspended(停止)になっていたのに気がつかなかった。 今回も、送られてきた確認メールをチェックして、当日に、いつものように時間に余裕を持って、ゆったりと空港でカウンターに行って飛行機に乗ろうとした。 すると、カウンターのスタッフが「あなたの名前はあるわね」とか何とか言いながらも、チェックインにやたらと手間取っている。 ついには上司を呼び、それから他の部署(?)に電話をしだした。長く電話で何かを話していた時に、既にすごく嫌な予感がしていて、ついにはその予感が的中。 「あなたを乗せることはできない。向こうでエージェントから新しいチケットを買って」 「え?何でですか?僕の名前、コンピューターにあるんですよね?」 いきなりそう言われても、こっちは訳がわからない。 「チケットが停止になっている」 「名前があるのに停止になっている?どういうことですか」 「向こうでチケットを買って」 「いや、その前に説明をしてくれないと。朝、口座を見たら、すでにお金が引き落とされています。お金は既に156ドル取られてますよ。もう一つチケットを買わせる意味がよくわからないんですけど。問題は何なんですか?」 「支払いの問題だと思う」 「チケット分のお金が取られているのに、支払いの問題ですか?その説明は、論理的ではないので、納得できませんが」 返金さえしてくれれば、新しいチケットを買うのは構わないけど、その前に理由を知りたかった。なぜ、名前があるのにチケット停止扱いになっているのか。僕は何もしていないはず。まあ、そうは言っても、疑問に思いつづけていても、人任せにしていても何も解決しないので、自分でカスタマーサービスに問い合わせることにした。 「取り敢えず、返金の有無の確認と停止になっている理由を教えてもらえますか?できなければ、カスタマーサービスの電話番号をもらえますか。自分で電話するので」 結局、ウクライナ航空は何もしてくれなかった。カスタマーサービスの電話番号くらい、すぐに出ると思うんだけど。 「キエヴ(ウクライナ航空の本社がある)にいくんでしょ。そこで確認して」 「キエヴには乗り換えで一時間しかいないのに、そんなことできないです。時間がない。そもそも航空会社のカウンターは、手荷物検査場を通る前にあるでしょう。乗り換えだから、僕は検査場の外に出ないですよ」 段々とおかしな返答をされるようになったので、仕方がなく、返金してもらえるのか、なぜチケットを二度も買う必要があるのかもわからず、提携先のエージェントを通して、二枚目のチケットを買うはめになった。トラブルを起こしたウクライナ航空のウェブサイトは信用できなかったので、結局、そのエージェントに行くしかない。 その後、キエヴ、イスタンブールを経由し、モスクワの空港で時間ができたので、早速、ウクライナ航空のカスタマーサービスに連絡をしたら、早々に謝罪と返金の確認をしてくれた。 ただ、ここでも理由の説明を全くしてくれない。理由を尋ねても謝るだけで、説明が一切ない。誇張しているわけではない。ほんとに、一切の説明がない。 「理由がわかれば次に自分で気をつけることができるので、考えられる理由を教えてもらえますか?どうして、こうなってしまったんですか?支払いの問題ではないでしょう」と言っても、最後には、「わかりません」と言われてしまった。「わからない」と言われたら、さすがにこちらも何もできない。モンスターカスタマーにはなりたくないので、ここで、理由を調べるのはやめにした。根負けだ。 帰国後、口座を見てウクライナ航空からの返金を確認。「やれやれ、やっと終わったわ」と思ったのも束の間、全額は返金されていない。 再び、ウクライナ航空に連絡を取り、「すみません。全額が返ってきてないんですけど」 「そちらの銀行で手数料を取られたんでしょう。ウクライナ航空は全額返してますよ」 「ああ、手数料か。しょうがないなあ」と数秒思ったけど、すぐに「あれ?」と思って考え直した。 「ん?でも、なんでウクライナ航空のミスなのに、俺が銀行口座のお金を減らさなきゃいけないんだ?」 減っているのは12ドルくらいだけど、支払う必要のないお金は1円も払いたくないし、こういう場合に航空会社がどう動くかの勉強にもなるので、今はウクライナ航空と交渉中。おそらく僕が支払った額を、そのまま返してはくれないだろうけど、これも12ドルの授業料と考え、引き続き交渉を続ける予定。   2.出発ゲートは、チケットではなく、電光掲示板をチェック モスクワの空港は以前に見て回ったこともあって、今回イスタンブールからワルシャワについたときには、すぐに香港行きの出発ゲートに行って、そこでMacBookを取り出して、溜まりに溜まっていた事務作業をこなしていた。 気がついたらゲートの表示が消えていて、そのまま出発の30分前になっても表示が出ないので、「あれ?遅れてるのか?」と思って、近くを歩いていたスタッフに聞いてみたら、「それ、ゲート変わってるよ」と言われて、びっくり。 知らぬ間に、出発ゲートが変更になっていた。仕事に集中していたし、中国人が周りに大量にいておしゃべりをしていたこともあって、変更を知らせる放送にも気がつかなかった。急いでMacBookをしまって、変更後の出発ゲートにダッシュ。ギリギリで間に合った。 イスタンブールで、「モスクワで乗り換え。出発はXX時XX分。ゲートはXX番」と言われていて、ただ言われた通りのゲートで待っていて、変更をチェックしなかった。最初は電光掲示板に「香港行き」の表示が出ていたので、それで油断してしまった。 これから渡航する皆さん、飛行機のゲートは、チケット発行後でも変更する可能性がある。出発の際には、プリントされたチケットだけでなく、出発の情報を示している電光掲示板を、必ずチェック。たとえチケットにゲート番号が書かれていても、そんなのは変更した時点で無効。「いや、でもチケットには、こう書いてある」と言っても、そんなのは通用しない。より最新の情報が出ているのは電光掲示板なので、空港では必ずチェックしてほしい。 ゲート変更に関しては、「可能性としてはあっても、まあ、そんなに起こらんだろ」と心のどこかで思っていた自分が間違いで、航空会社によっては、頻繁に起こるようだ。バックパッカーたちが口を揃えて文句を言う航空会社は、ロシアの航空会社アエロフロート。このロシアの航空会社は、「やりすぎだろ!」と思うくらい、しょっちゅう直前に出発ゲートを変えている。2人の友人も、アエロフロートで、チェックイン後、一時間もしない内にゲートが変わったと言っていた。一人は「乗り継ぎのミスを誘って、新しい航空券を買わせて儲けようとしてるんだ。とんでもない悪質な会社だよ」と言っていたが、まあ、理由は他にあるんだろう。どちらにしても、アエロフロートで渡航する人は、気をつけてほしい。 メールで送られてくるチケットの詳細をチェックすること。チケットに書かれているゲートではなく、電光掲示板のゲートをチェックすること。この二つは、今回の出張の教訓。空港で無駄なトラブルに巻き込まれないよう、みなさんも要注意。

国際教育、異文化教育を学ぶために僕が実践していること

終わらないメールの返信を続けているうちに、1日が終わっていく。すきま時間には、法人化と中国語圏、韓国での事業のために、プランニングと話し合い。日本語、中国語、韓国語のウェブサイト作成を始め、やることが山積みだ。 「中国と韓国に『JAPANY』なんて会社を作ってアプローチしたら、いちゃもんの連続で反日集団に叩かれるよ。何もしなくても名前だけで攻撃される」という友人の言葉が頭にこびりついて離れないけど、まあ、とにかく、実現を前提に準備をしてみる。これが日中友好、日韓友好に、少しづつ繋がっていく可能性だってあるんだから。くだらない対立は、日本でも韓国でも中国でも、扇情的なメディアやメディアを鵜呑みにする人たちが起こすこと。僕は相手の国籍がどこだろうと、フレンドリーな関係を目指していく。カナダで暴力的な中国人や韓国人に卑劣な行いをされたことはあるけど、僕の周りは、基本的に素晴らしい中国人と韓国人ばかり。北米でフレンドリーに接してくれたのは、隣人の中国人と韓国人だ。 香港のホステルに到着 さて、先週、日本を出国し、僕の今の滞在先は香港。香港という家賃がメガ高い場所に滞在して、さらに記録的な円安が追い打ちをかけているので、チョンキンマンションに入っている、このくらいの狭さの相部屋(二段ベッドが二つ)が一泊2200円する。タイであれば、500円のレベルだ。当然、シャワーもトイレも共同で、1.5畳ほどの狭いスペースにトイレとシャワーが一緒になって入っている。 シャワーを使うと、当然、トイレは水浸し。シャワーを浴びている人がいると、その間、トイレにも行けない。12人で1つのシャワー&トイレのスペースをシェアしているので、待たずにシャワーを浴びたり、トイレに行くのが困難だし、タンクのお湯が切れて、すぐにシャワーが水になる。 でも、値段を見れば、文句は言えない。これでも他のところよりは安いし、僕は格安なのに多くのことを要求するような理不尽な対応はしないようにしている。よりいいサービスを受けたければ、僕がちゃんとお金を払って、プライベートルームに行くか、他のところに行けばいいだけの話だ。 中東ヨーロッパのホステル ポーランドのワルシャワやクラクフでは、一泊900円〜1200円くらいのホステルに長期滞在していて、そこにはシャワーとトイレの数も多く、くつろげるラウンジもあったので、快適に過ごしていた。ラウンジで仕事ができるので、すごく助かった。アジアでグローバルノマドがどうとか言っている人たちは、是非とも中東ヨーロッパも試してみてほしい。バンコクのカオサン通りの宿には敵わないけど、中東ヨーロッパであれば、東南アジア並みの価格で、それなりに快適に滞在できる。ワルシャワとクラクフは、手始めに試してみるのには、すごくいいところだ。 ホテルや家を探さない理由 僕はカナダでもシンガポールでも、ホステル暮らしをしていた。夏にワルシャワとクラクフに出張に行ったときも同じ。当時の職場の人たちには、「なんでそんな所に泊まってるの?」、「家を探さないの?」、「共同生活なんて、よくできますね」としょっちゅう言われていたけど、僕はホステル暮らしをやめる気はない。国際教育を学ぶのであれば、文化の全く違ったところから来る人たちとの共同生活の体験は、何にも代えがたい財産だ。異文化教育を学んでいる人には、これだけでもホステル暮らしをする価値がある。 原体験が圧倒的に少なく、書籍ばかりで国際教育を学ぶ人は、話していればわかる。僕は、そんな風にはなりたくない。外国人のパートナーを持ち、外国人と仕事をして、更にはランダムに出会う外国人と共同生活をすることで、失敗からの苦い学びを含め、原体験とクリティカルな分析によって多くを吸収する生活を、このまま続けたい。異文化教育に関わる者として、それが、ホステル暮らしを続ける最も大きな理由だ。 これからトルコ、ポーランド、チェコに行く。そこでもホステル暮らし。これからどんな出会いと学びがあるか、今から楽しみだ。

クアラルンプール空港のカプセルホテルが素敵だった。エアアジア利用者は要チェック。

エアアジアのおかげで、マレーシアのクアラルンプールに安く飛べることが多くなった。僕はヨーロッパに行く時に、エアアジアのセールで名古屋からクアラルンプールに飛んだ。片道1万円くらい。札幌から名古屋に行った時の航空券を入れても、札幌からクアラルンプールまで1万5千円以下だ。 クアラルンプールからヨーロッパまでの飛行機が安いので、一旦クアラルンプールに飛んで、そこからパリに飛んだ。そのときに泊まったクアラルンプール空港のカプセルホテルが、なかなか便利だったので紹介。 入り口。上のフロアはショッピングモールみたいだし、フードコートも近くにあるし、場所も見つけやすい。 受付。鍵のデポジットを預ける必要がある。現地通貨を持っていない人は、日本円で1000円。鍵の返却時に返してもらえる。 大きめのロッカー。受付のすぐ近く。 細い通路。ここをまっすぐ行くと、ラウンジのような細いスペースがある。 ラウンジ。ガラスの向こう側では働いている空港職員が近くに見えた。 迷路のような作り。 カプセル内の様子。枕元に収納スペースがあるので、寝るときにはここに財布や携帯を入れた。各国のコンセントに対応している。 シャワーと洗面台。トイレもここにある。 3時間の滞在で約1500円、6時間で約2300円、9時間で約3000円。立地とベッドの寝心地の良さを考えれば、お得な値段。 クアラルンプールは、エアアジアのセールで安く飛べるし、シンガポールやタイにも近い。ヨーロッパに行く時も、ここからは安い飛行機が飛んでいる。また乗り換えでヨーロッパに行ったり、シンガポールに行ったりするときに使うことになるだろう。 エアアジアでマレーシアに行き、タイトな日程で旅をする人にもオススメ。LCC旅行者の皆さん、よい旅を。(^^)/

羽田空港で宿泊費を節約する方法

僕は10年間、海外で学位を取ったり、働いたりしていたこともあり、日本との往復を含め、飛行機のお世話になることが多い生活をしていました。お金のない僕は、空港に泊まることもちょくちょくあったのですが、空港で一泊するなら、羽田空港の国際線ターミナルの到着ロビー(写真)は、おススメです。 ここでは公衆電話の隣にあるパソコン用のスペースで電源が使えるし、ベンチも寝心地が悪くありません。ベンチは、一人分の席を区切る仕切りがないし、ちょうどいい固さなので、簡易ベッドのようです。以前にここのトイレで真夜中に歯を磨いていたら、とてもフレンドリーな掃除のおばさんが話しかけてくれて、しばらく彼女と話をしたのですが、そのおばさんの話によると、空港で利用者が泊まれるように、このような寝心地の悪くないベンチを置いたのだそうです。 今まで色々な空港に一泊しましたが、宿泊をする際の心地よさという点では、羽田空港の国際線ターミナルに勝るものを、僕は知りません。以前にこのターミナルを夜中に利用した時は、ここにあるベンチは寝ている人で一杯になっていました。なかなかの人気スペースのようです。 国際線ターミナルから国内線ターミナルまでは無料バスが走っているので、ここで朝起きて、そのまま無料バスに乗り込んで、国内線に飛び乗ることもできます。国内線ターミナルでは、宿泊は許可されていませんが(以前に国内線ターミナルで、警備員さんに「一晩休むなら国際線ターミナルに行って下さい」と言われました)、国際線ターミナルでは、それなりの環境で一泊できます。朝の飛行機に乗る人で、前夜の宿泊費や移動時間を節約したいと考えている人は、国際線ターミナルの到着ロビーのベンチを試してみて下さい。 みなさん、よい旅を (^^)/