CATEGORY 留学

日本語ブログ

IELTS/TOEFLなしでヨーロッパの大学に休学・認定留学して単位を取る方法

僕はGood Friends Japanという国際教育、留学関連の会社を経営していることもあり、「一学期、一年間の休学・認定留学をしたい」という大学生からの留学相談を連日受けている。 相談者の成績(GPA)とIELTS/TOEFLの点数は、人によってかなり幅が大きい。IELTSでは3.5-7.5、大学のGPA(4段階)平均では1.4-3.8くらいだ。 属性の大きく異なる学生たちに、「希望する留学に向けて、これからどのように行動すべきか」という点に関して、同じ提案はできないし、与えられるヒントも変わってくる。どのように行動するのがベストなのかは、人によって異なってくる。   成績・英語力の4象限マトリックス   僕らは学生の留学を手伝うときに、4象限マトリックスを使い、留学する予定の学生が、成績、英語力のそれぞれの軸で、だいたいどの位置にいるのかを記録している。下が普段使っているもののざっくりバージョン。実際に使っているものには、数字のメモリと合否の記録が細かくつけられている。   今日の内容は、この4象限の2(右下)のあたりにいる人向け。成績は平均以上あるけど、IELTS/TOEFLの点数だけが学部留学に足りない人、もしくは、そもそも点数自体を持っていない人を念頭に置いて、ちょっとだけ手助けできそうなことを書いてみる。 出願締め切りまでにIELTS/TOEFLの点数がないと、大抵は学部留学などできない。基本的には、そう考えておくべきで、IELTS/TOEFLの点数は、早めに取っておいた方がいい。僕はいつも、そうやって強く勧めている。 ただ、どうしても点数が届かない人、そもそも出願締め切りまでに点数が受け取れない人には、以下の二つのやり方があることを記憶の片隅にいれておいてほしい。わずかな数だけど、一部の大学では、これらの方法が通用する。 特に、二つ目の方法が取れれば、IELTS/TOEFLなしでヨーロッパの大学に休学・認定留学することができる。   1. IELTS/TOEFLをあとで提出する   第一に、IELTS/TOEFLを提出を出願締め切りの後にしてもらう方法。 何も言わずに黙ってあとで提出しても、大学は取り合ってはくれない。「やべ、IELTS/TOEFLの提出間に合わん・・・」と思ったら、すぐに大学に連絡を取ること。 「あのー、すいません。これこれこういった致し方ない事情がありましてですね、IELTS/TOEFLの提出だけが出願締め切りに間に合わないんすけど、これだけあとで提出する形にできますかね。僕、成績が超絶イケてて、輝かしい優等生の僕を教授が絶賛する推薦状も複数取れるんすけど」というのを、理路整然、かつ、わかりやすい文章で、大学スタッフに聞いてみるのをオススメする。 このときの注意点は、権限ゼロのスタッフや前例を知らない新人スタッフに聞いても無駄足になる可能性が高い、という点。 誤解を生む表現かもしれないけど、大学スタッフの相当数は、プロフェッショナルじゃない。上司から言われた作業だけをする、出願対応の素人だ。特に古い総合国立大学には、新人で何もわかっていない、聞かれたことの確認すらしないスタッフが大勢いる。こういうスタッフは、かなりの確率で、杓子定規に「ダメ。出願締め切りはこの日です」と伝えてくる。 「この新人、たぶん何もわかってないな」と思って、新人スタッフに断られたのに、スタッフの上司に直接電話をしたら、「オッケー。じゃあ、〜日を期限にするから、それまでに出せる?」と、あっさり要望が通ったことも数回ある。誰に聞くかによって答えが変わってくる、というのは、アドミニストレーションがぐちゃぐちゃの大学では、たまに起きる。 お願いするなら、責任ある立場の人、すでに様々な出願を扱ってきたベテランにすること。柔軟な対応ができるのは、いつだって責任ある立場にあったり、すでに様々な例外を知っていたりする人だ。新人スタッフには、柔軟さを期待できない。見分けにくい場合は、とにかく権限のある人に直接連絡すること。   2. 大学の先生に英語力を証言してもらう   第二の方法は、所属大学の先生に「この学生は、英語で学部レベルの授業をこなす英語力を有している」という文書を署名つきで書いてもらう方法。このやり方を受けつけてくれる大学には、そもそもIELTS/TOEFLの点数を提出する必要がなくなる。点数なしで学部留学することが可能になる。 「出願までに点数が届かぬぅぅぅぅぅう!!!!」とパニクる前に、まずは大学の先生からの証言を自分が出願する大学が英語力証明として受け付けているかをチェックしてみるといい。 受け付けていれば、焦ることはない。あとは所属大学の先生を見渡して、「この学生の英語力は、学部留学に十分な基準にある」と、署名つきで書いてくれる神々しいお方を探せばいいだけ。 細かな注意点として覚えておくべきは、フォームを留学先が用意している場合と、所属大学で自由に用意する場合の2パターンがある、ということ。せっかく先生に英語力証明を書いてもらったのに、「いや、うちの大学のフォームに記入しないと無効でっせ」と留学先に言われると、先生にもう一度頼むことになってしまうので、どのフォームに書くのかは、事前に確認をすること。   最後に   繰り返すけど、上記の方法が通じるのは、わずかな一部の大学だけ。大多数の大学は、「は?知らねーよ。出願締め切り書いてあんだろ。出せよ、その日までに」で終了。 僕も一度、IELTSの受験が間に合わなかった学生のために大学と交渉していたとき、「学部留学したいという願望だけで、実際にその実現に向けて行動してこなかった人間が、うちの大学の授業を取る資格があるとは思いません」と言われたことがある。僕はダメ元でも交渉するのが仕事の一つなので、とりあえず大学の対応の変更を試みようとしたものの、個人的には「おっしゃる通りです」としか思わなかった。 多くの大学は甘くない。「なんだ、出願締め切りに間に合うように焦らなくていいじゃん」「二つ目の方法があればIELTS/TOEFL受けなくていいんじゃん」とは、間違っても安易に思わないこと。 大学に休学・認定留学したいんだったら、大学の成績を良好に保ちつつ、まずはIELTS/TOEFLの点数を確保する。これが基本中の基本。 王道で出願できる状態にしておく方が、留学できる大学の選択肢がはるかに多い。上記の方法は、どうしようもなくなったときの最後の手段として考えておく程度にしてほしい。 休学・認定留学する人たち、健闘を祈ります。

日本語ブログ

ヨーロッパの大学を出たらヨーロッパに就職できると考えるのも、ヨーロッパが就職難だからヨーロッパで就職できないと考えるのも、両方とも短絡的すぎる

ヨーロッパの大学を卒業した中国人は、そのままヨーロッパで就職しようとする人が非常に多い。全体の割合は不明だけど、僕が会っただけでも、かなりの中国人が卒業後に現地で就職している。どの人も、それなりに英語が話せ、わずかに現地語がわかるレベル。 「中国人ができるなら、日本人留学生もできるだろ。英語のレベルは同じようなもんだし」と僕は思っているけど、ヨーロッパで働いている中国人の話では、中国人留学生と日本人留学生の間には、大きな違いがあるそうだ。   それが、大学で専攻する分野の違い。「中国人留学生は、大学で食えるスキルを身につけることに特化する傾向がある」とのこと。まあ、実際はどうかわからないけど、彼らの周りの傾向として話をしているんだろう。統計がないので、「そういう印象を持っている」という程度に聞いておく話だけど、確かに僕の肌感覚も同じ。 話をしてくれた中国人男性たちは、 「中国人は、金になる学問に集中してるよ。勉強するのは、機械工学、コンピューター、医学、経営ばかりだ」 「中国に帰りたくなくて、ヨーロッパで就職しようとしてるやつばかりだから、スキルを身につけて現地就職することが頭にあるんだ」 「ここで文学や哲学を専攻している中国人はほとんどいない。俺も機械工学じゃなくてドイツ文学を勉強したかったけど、専門家にでもならない限り、その先、どうやって食っていくかわからないから諦めた」 と言っていた。   ヨーロッパ就職を短期のゴールにしている彼らは、学問にも真剣だ。 中国の大都市の数学教育レベルは非常に高い。これも中国人留学生には、良い方向に働いているそうだ。ヨーロッパで教育を受けた高校生と比べて、理系の学問には、教育を受けた中国人は強い傾向がある。 オーストラリアで教授のアシスタントをしているトルコ人の博士課程の学生も、「中国人たち(学部生)は、クレイジー。教えている私よりも知識がある。『何であなたたち(ほどの知識を持った人)が大学院生じゃなくて、学部生なのよ』って思う」と言っていた。     中国人留学生たちは、自分たちの強みを専攻に活かし、それを留学先の国での就職に結び付けている。多くの中国人留学生が、現地就職をしているのも頷ける。 僕は「専攻も影響するだろうけど、ヨーロッパにおける中国語の需要の問題もでかいんじゃない?」と予想したけど、それは即座に否定された。 「それは違う。スキルのない人の言い訳にすぎない。実際、俺たちは仕事で中国語なんて使ってないよ。英語だけだ」 なるほど。英語だけであれば、日本人も条件は同じはず。 また、中国人がヨーロッパで就職してる現実に関して、彼らは「日本人とは、必死さも違う」とも言っていた。 「日本人は、別に日本で就職してもいいと思ってるだろ。中国人は違う。政府がコントロールできない国外で就職して、子供たちに海外のパスポートを持たせたいんだよ。アメリカやオーストラリアの中国人移民を見てみろ。日本とはレベルが違う、移住への執念みたいなものがある」 「日本は住むにはいいところだ。だから外国人たちから人気がある。でも中国は違う。中国人でさえ、中国文化を好きなやつはいても、中国に住みたいやつなんて高等教育を受けた層ではほとんどいない」 確かに、中国を脱出したいという中国人は、ドイツでもトルコでもポーランドでもハンガリーにもいたし、以前に住んでいたカナダには大量にいた。「帰りたくないから、現地で職を得るために必死になる」というのは、まあ、理解できる。   日本人の中には、「ヨーロッパで就職するのは無理」と考えている人たちが存在する。語学力も含め、スキルのない人に限って言えば、確かにほぼ可能性はない。そんな日本人を現地企業がわざわざ雇う理由が見つからないので、それは当たり前のこと。 でも、「無理だ」というのは短絡的すぎ。スキルがあれば、たとえ日本人でも留学後の可能性は開ける。話を聞いた中国人たちがいい例だ。 一番ダメなのが、「ヨーロッパが就職難だから、僕も就職できない」という思考パターン。 「就職難だから留学生も就職は無理という単細胞は中国にもいるけど、そんなのは、その人のスキルと情熱次第、スキルの需要と供給のバランス次第。スペインは就職難だからって、スペインでは就職できないと考えてるバカな中国人はいない。ジョブマーケットを調査して、実際に就職してるやつはたくさんいる。ポーランドなんか経済が好調だから、俺たちだって狙ってるよ」   彼の言う通り、「ヨーロッパは就職難だから、留学生も就職できない」というのは短絡的で、浅はかな考えではある。誰がいい加減な事を言い出してるのか、イギリスに増えているポーランド人移民を見て、ポーランドは就職難だと言い出している人間もいて、中国人が呆れていた。 就職は、そもそもがスキルの需要と供給のバランスで決まる。短絡的に現地人の就職難を留学生の就職と結び付けることはできない。これがわかっていない人は、中国でも日本でも、「ヨーロッパの就職難」という漠然とした言葉に過剰反応してしまう。 特にアジアも含め国際的な活動をしている企業では、英語、現地語に加え、中国語や韓国語を話せる人を雇うメリットは大きい。韓国人の友人は、そういう企業を狙ってインターンをしたり、コネを作ったりして、今は就職を決め、ドイツのフランクフルトで研修をしている。 ポーランドの企業にヒヤリングした限りでは、国際的な企業は外国人の雇用にも積極的だ。ただ、特別なスキルがない場合は(主に文系専攻)、現地語に長けていることが条件になると明言していた。多くの場合に英語を共通語にして働く理系の人たちと違い、文系専攻であれば、英語だけでなく、現地語をマスターすることが、就職にはほぼ必須になる。   自分で調査せずに、適当に「ヨーロッパは就職難だから、就職は無理」という人は、現地企業が何を求めているかも知らず、怠惰な態度で可能性の模索を諦めている点で、ヨーロッパに行っても就職できる可能性は限りなく低い。 僕のインタビューを受けてくれた中国人、韓国人グループのように、スキルの需要と供給を見極め、必要なスキルを大学で磨ける人は、卒業後に現地で道を切り拓く可能性がある。実際に、僕が話した人たちは、それを行動して証明した人たちだ。   中国は、何もせずに現在の経済発展を遂げているわけではない。北米でもヨーロッパでも、目的の実現のために必要な努力の見極めを怠らない多くの中国人留学生が、母国の向上を生み出すことに一役買っている。中国人たちのインタビューでは、「やっぱ、この層の中国人すげえわ。ゴール設定から、ゴール達成までの道が戦略的」という感想しか出てこないくらい、彼らの積極性、戦略的思考に感心した。 確かに文化的な素養という点では、日本はすごい。本が気軽に安価で手に入る状況も手伝って、頭一つ抜けていると言ってもいいレベルだ。北米、ヨーロッパ、台湾で生活して、それは強く感じる。 ただ、「金になるスキル」という点では、中国人のアッパーミドル以上の層に「さすが」とうならされる。日本人の学生と接していても、そう感じることは極めて少ない。   一般的な日本人留学生は、多くの中国人留学生のように、「金になる学問」に集中して就職できるスキルを身につけているわけではない。文系専攻も比較的多い。その分、たとえ希望したとしても、中国人留学生よりは現地就職の割合は減るだろうと予想している。 それでも、就職は自分次第。 ヨーロッパの大学に行けば、日本の一般的な大学に行くよりも、有利な環境でヨーロッパ就職に挑める。語学、異文化コミュニケーション力が身につきやすく、ヨーロッパという場で就職戦線にのぞめる。それを活かすも殺すも自分次第。本気で現地就職したければ、中国人たちを見習って戦略的思考で目標を達成してほしい。

日本語ブログ

ヨーロッパの主要大学に一年・半年の学部英語留学。学費はフィリピン留学以上に格安で、休学、ギャップイヤー取得者にオススメ

  簡潔に言えば、内容は交換留学制度とほぼ同じ。一年・半年間留学をして、留学先の海外大学の単位を日本の大学に編入できる。ただ、留学先の大学から日本の大学に留学生が交換で来るわけではないので、正式には「交換」留学ではない、というだけ。 この留学ができる大学は、ヨーロッパでも限られる。しかも、交換留学に比べると、若干、複雑な手続きが必要で、アレンジの仕方は、各大学の学部によって大きく異なる。願書提出前に留学先で指導教授を見つけなきゃいけない場合、所属大学の認可が必要な場合、履修する授業をあらかじめ選ばなければいけない場合など、様々なケースが考えられる。     対象になる人 この大学学部留学サポートは、 大学生のうちに英語留学をしておきたい 一年・半年の留学を格安で体験したい 就職前にヨーロッパで海外生活を経験したい ヨーロッパで友達を作りたい でも、 学内の交換留学の選考に通らなかった 大学の提携先には留学したい大学がなかった 交換留学に興味を持ったのが遅すぎた といった人を念頭に置いている。   メリット 単位が取れる 国内主要大学に留学ができる 学費が安い 生活費が安い   チャレンジ 英語検定試験の点数が必要(最低限IELTS5.5) 平均的な成績が必要 メールアドレスが必要(キャリアメールは除く)   基本サポート 大学リスト送付と整理 大学選びのアドバイス 出願エッセイの添削/アドバイス 願書に必要な書類チェック 住居探し 緊急時の対応 詳細は、Good Friends Japanのウェブサイトを参照。

日本語ブログ

40万円未満の学費で、ハンガリーの名門大学に一年間の英語留学ができる

僕が訪れた都市の中で、生活費が安く、街並みが美しいところと言えば、チェコ共和国の首都プラハと並んで真っ先に思いつくのが、ハンガリーの首都ブダペスト。「ハンガリーかあ。あんまりイメージが浮かばんわ」と親友が言っていたように、おそらく、ほとんどの日本人にとって、ハンガリーという国は、あまり馴染みがない。 僕も最初はポーランドばかりを調査していて、近隣のハンガリーは真剣に調査していなかったんだけど、ひょんなことからハンガリー人と繋がりができ、ハンガリーの大学を調査し始めた。大学の国際オフィスと話を重ねるうちに、「これは、ものすごい穴場だな。歴史あるヨーロッパの町の国立大学に、この金額で留学が実現するんだ?これは日本からの留学生を送り込むしかない」という思いが確信に至り、大学とも正式に提携することにした。 ハンガリーの幾つかの都市で色々な大学生にアンケートをとったり、インタヴューをしたりしても、ハンガリー在住の留学生たちの満足度は非常に高い。アジア人があまりいないので、アジア人にはあまり話を聞けなかったけど、何人かの中国、ベトナムからの留学生たちは、「費用も考えたら、ここは最高の環境だ」と言っていた。   ハンガリーでは、英語を学ぶ留学も、英語で学部のクラスをとって単位取得をする留学もできる。英語コース終了後には、日本に帰国してもいいし、ワーキングホリデーに行ってもいいし、ハンガリー内外の大学に学部留学してもいい。一年間の英語コース終了後には、いくつかの選択肢が考えられる。 英語で学部留学、大学院留学するには、最低限のアカデミック英語の力が必要だ。ハンガリーの国立大学でアカデミック英語の力を伸ばし、そのままハンガリーで大学進学するのも、他国の大学にも留学するのも、将来の可能性を広げる意味では、よい選択肢になる。 また、就職するにせよ、起業するにせよ、自分が慣れていない未知の文化に身を置いて、様々な生活習慣の人たちと英語を共通語にして大学生活を送った経験は、きっと活きてくるはず。 僕も大学と大学院では、留学生という立場で学んでいたので、今の留学生たちを見ると、当時の自分自身を重ね合わせてしまう。「効率よく勉強して能力を高めて、一生付き合えるいい友達を作って卒業してほしいな」と、心から思う。

日本語ブログ

チェコ共和国のインターナショナルスクールで日本文化を教え、同時に英語を学ぶ人を募集する

11月27日に東京に行くことになった。東京で友人たちやサポーターに会い、香港を経由して、ポーランドとチェコに向かう。現在の計画では、クリスマスも年末年始もポーランドで過ごすことになる。 北米の大学と大学院を卒業し、カナダとシンガポールで働き、香港に頻繁に飛び(今回で9回目)、今はポーランドとチェコを中心に事業を進めている。大学時代から、ほとんど日本にはいなくて、海外を飛び回っているので、安い飛行機を探すのは段々と得意になってきた。今のところ、香港—ポーランドの報復が9万円くらい。「安っ!」というほどではないけど、がっかりするほど高くもない。セールがなければ、こんなものだ。 さて、最近、チェコ人の友人と親しいインターナショナル・スクールの創設者と、日本人の英語学習者向けに事業をすることにした。現段階では、インターナショナル・スクールで、チェコの子どもたちに簡単な日本語を教えながら、イギリス人の先生に英語を教えてもらう、という仕組みを念頭に置いている。インターナショナルスクールは英語環境なので、子どもたちと触れ合うことで、英語力も自然に伸ばすことができるし、子ども好きには、最高の環境になる。日本語教育を勉強している人などにもピッタリな留学を用意できるだろう。 まだ正式に募集していないけど、興味のある人がいれば、このようなインターナショナルスクールでの体験学習を、これからアレンジしていくので、連絡をくれると嬉しい。まだ相手側と話し合っている段階なので、詳細を伝えるのに時間がかかるだろうけど(12月にはチェコ共和国で正式に契約する)、かなり好感触で話が進んでいるんで、インターナショナルスクールで日本文化の講師+英語学習くらいであれば、実現できるだろう。その人の希望に合った形の体験学習を、学校の理事長と交渉して実現することもできるかもしれない。 学校の場所は、チェコ共和国第三の都市オストラヴァ。ワルシャワと並び、僕が最も安心して、留学生を送り込める都市だ。札幌の友人に「プラハじゃないんですか?」と言われたけど、「現段階ではオストラヴァ」というだけで、将来的にはプラハの学校とも事業提携することを考えている。いくつかの事業を抱えて僕の頭がパンクしそうなので、プラハに関しては、再来年以降の話になるだろう。今は、プラハよりも遥かに物価が安く、日本文化好きな友人がいるオストラヴァに集中だ。 友人たちやサポーターの協力のおかげで、「裕福な家庭出身以外の子にも、英語留学の選択肢を」という、僕の長年の想いが、少しずつ現実味を帯びてきた。 大学進学が難しい児童養護施設の若者が、チェコのインターナショナルスクールで英会話力を身につけ、その後、ポーランドの大学を卒業し、大学卒業時にはバイリンガルとして、海外や日本の企業に就職したり、起業したりする。自分やサポーターたちが作った仕組みで、社会的に困難な状況にある人が、日本に興味のある外国人たちと仲良くなり、大学で英語力も身につけて、私生活も仕事も充実させ、未来を好転させる。 そんな日が来るのを夢見て、三連休中の札幌で、せっせと仕事に励んでいる。理不尽で不公平な社会の構造は、自分の行動で変えていく。数日中に終わらせるべき仕事が山のようにあるけど、自分の想いを実現するために働けるのは幸せだ。

ポーランド

29万で一年間のヨーロッパ英語留学(学費)

クラクフの聖マリア教会 photo credit: NicoTrinkhaus via photopin cc 住居費(寮・アパート)、食費、交通費などは、2050ユーロには含まれていない。だけど、ポーランドはヨーロッパの中でも生活費が格安。寮は月2万円もかからないし、アパートは月3〜4万円程度。 転職のために英語力を上げたい、大学を休学してヨーロッパに住みたい、ヨーロッパを体験しながら格安で英語を学びたい、という人は、ぜひ体験してみてほしい。 *同程度の学費で学部留学する選択肢はあるが、これはクラクフに限らず、他の国の大学でもできる。北欧であれば、学費無料で、一学期、一年間留学することも可能。  

ポーランド

ポーランド大学英語留学をためらわせるかもしれない4つのこと

以前に『ポーランド大学英語留学を薦める9つの理由』を書いた。よいことばかりを書くのは気が引けるので、ポーランドに英語留学に関して、マイナスになるかもしれない点を、思いつくままに4つ挙げておきたい。 1.第二外国語としてのポーランド語を、半強制的に学ぶことになる 授業やクラスメイトとの会話は英語だけど、街に出て買い物に行けばポーランド語の世界。英語を話せるクラスメイトと英語のプログラムで学ぶので、短期であれば、そこまで英語を話せないポーランド人と接する機会もなく、ポーランド語を覚える必要はないかもしれない。でも、ポーランドで長く生活するとなると、読み書きと議論ができるレベルの英語に加えて、日常会話レベルのポーランド語をマスターするのは必須になる。「他の言語を学ぶことに興味はない。英語だけに特化したい」という人は、ポーランドではなく、最初から英語圏に留学に行った方がいい。   2.日本からのアクセスが不便 チャーター便を別にすれば、今のところ、日本からポーランドまでの直行便はない(涙)。日本からポーランドに行くには、どこかで乗り換えをしなければならないし、時間も16時間以上かかる。時間的には、日本から北米の東海岸に行くのと大差はないけど、乗り換えという行為に対する心理的障壁が大きい人は結構いる。「時間かかる上に、乗り換えなんて有り得ない。日本までの往復が面倒」という人は、もっと日本からの交通が便利な国に留学した方がいい。   3.なまらマイナー 英語圏や人気のある第二外国語が使用されている国への留学は人気があるが、ポーランドという未知の世界に留学する人は少ない。台湾、中国、韓国、フランス、ドイツ、スペインなどは、留学エージェンシーも沢山あって、多くの日本人がこぞって留学しているが、ポーランド留学は、はっきり言ってかなりマイナー。「人と違う経験をしてくる」という人にはポーランド留学はいいかもしれないけど、「やっぱ、留学するならメジャー路線を行きたい」という人は、ポーランド留学は選択肢から外した方がいい。   4.日本語の情報が少ない メジャーな留学先には大量の日本人がいるので、その分、現地の日本語情報も豊富だけど、ポーランドに関しては、日本語での情報が少ない。「そんなの、英語で情報を得ればいいだろ」と言えるのは、英語がわかる人たちだけ。特に留学当初の英語がよくわからない時期は、日本語での情報があれば、とても役に立つ。JAPANYが日本語のサポートはするけど、自分で日本語で色々な情報を手に入れたい人には、ポーランド生活は、ちょっと不便かもしれない。 関連記事: ポーランド大学英語留学の情報 ポーランドの大学英語留学を薦める9つの理由   <!– MAF Rakuten Widget TO HERE —>