TAG シャビ・エルナンデス,アンドレス・イニエスタ

サッカー

シャビ、イニエスタ、セードルフなどは、マンチェスター・ユナイテッドのファン・ハールをどう考えているか

シャビ・エルナンデス 「個人的には、彼との時間は素晴らしい経験だったよ」「彼と一緒に仕事をして、僕に信頼を置いてくれたんだ。17歳のときにファーストチームに引き上げてくれ、その難しい旅路をしっかりと助けてくれた」 「僕の意見では、彼はバルセロナでの仕事に正当な評価を受けていない。明確なアイデアがあって、方法論もしっかりしていた。時代を先取りした監督だったんだ」 参考 アンドレス・イニエスタ 前オランダ代表監督は、1997年にバルセロナの監督に就任し、サー・ボビー・ロブソンの後を継いだ。そして、チームを二度のリーガ王者、一度の国王杯王者に導いた。 バルサの伝説となるシャビにデビューの機会を与えたのと同様に、ファン・ハールは、若いイニエスタにも大きな役割を与えた。 「僕は17歳で、ファーストチームに入ることができて歓喜していた。彼がその機会をくれたんだ。若い選手たちに、彼はいつもとてつもない仕事をしてくれた」 「彼と仕事をするのは心を踊らせる体験で、僕は重要なステップを踏み出すことができた。彼は、ハードワークをするし、正直で誠実だ。そして何より、サッカーで偉大なことを成し遂げ、とてつもなく成功した監督なんだよ」 参考 クラレンス・セードルフ 以前にアヤックスでファン・ハール指揮下でプレーしていたセードルフは、「チームの哲学を浸透させる監督」、「すぐにファーストチームでプレーできる一流の選手たちを買いあさるのではなく、クラブの文化や戦術を知っている選手も重宝する。彼は偉大な監督で、実績がそれを証明している」などと賞賛していたが、のちに辛辣な言葉を残している。 「自分の言葉に正直だと思っていた男は、全く違った男だったよ。ファン・ハールは他人を扱うやり方によって、信頼性を失ったように見える」 参考 ジミー・フロイド・ハッセルバインク ファン・ハールは、2014年W杯のオランダ代表指揮官だった。彼は2000年から2002年にも代表監督を務め、ハッセルバインクを何度か招集している。 「彼は自分が何を欲しいのか、どのように欲しいのか、そして、いつそれが欲しいのかを正確に要求する人だ。でも、だからといって、刑務所の中の囚人のように人を扱うわけじゃない。彼は愛すべき男で、トップレベルの監督だ。世界でベストの一人だよ」 参考 パトリック・クライファート ファン・ハールが、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任した時、補佐役に選んだのは同士のクライファートではなく、ライアン・ギグスだった。 「ルイは、僕の役職にライアン・ギグスを据えたかったんだ。理解できるよ。クラブのことを知っている人が欲しかったんだ」 「彼は、こうも言ったよ。『パトリック、これからは自分一人で立つべき時だ』ってね。だから僕はユナイテッドにはいかなかったんだ」 参考