TAG ジョゼ・モウリーニョ

サッカー

ディエゴ・ロペス:「モウリーニョはここにいたとき、盾になってくれた。でも、アンチェロッティは、僕がターゲットになるのを防がず、過度の注目が僕に向けられていた」

モウリーニョは、レアル・マドリー指揮官としての最後のシーズン、クラブの伝説的選手カシージャスをスタメンから外し、ビジャレアルからディエゴ・ロペスを連れてきて、物議を醸し出した。 噂では、モウリーニョとカシージャスの関係が冷え込んでいたからだ、と言われているが、実際にはそうではなく、モウリーニョの決定は純粋にサッカーに関するものだったと、ロペスは述べている。 「モウリーニョは、僕に話しかけて、直面している困難に対応する強さを与えてくれた。完全に僕を信頼しているし、前年に僕と契約を結ぼうとした、とも言っていたよ」 「カシージャスに敵対心などはなく、ただ僕がトレーニングでベストだと思ったと言っていた。モウリーニョの言葉は、選手たちは新たなレベルまで引き上げてくれる」 「モウリーニョはここにいたとき、盾になってくれた。でも、アンチェロッティは、僕がターゲットになるのを防がず、過度の注目が僕に向けられていた」 2012/2013シーズン、カシージャスはベンチで過ごしており、昨シーズンは、カルロ・アンチェロッティの元で、ロペスとのローテーションでの起用となっている。その結果として、カシージャスとロペスの関係には変化が生じたという。 「カシージャスとの間に言い争いはなかったけど、僕がマドリーに来て、関係は変わったよ。夕食を共にしていたこともある数年前のような関係ではなくなったんだ」 「僕は今でもマドリードが好きで、カシージャスと全てのスタッフに大いなる敬意を抱いているよ」 ロペスは昨シーズン、レバンテからケイラー・ナバスを獲得したマドリーを離れ、ミランに移籍した。彼は、イタリアに来るのを選んだことを、正しいことだと思っている。 「僕は正しい決断をしたと思っている。でも、ミランはベストのときを迎えてはいない。でも、これから改善して、僕たちは将来、ベストの状態に戻ると思っているよ」 参考:The goalkeeper was first choice under the Portuguese at Real Madrid amid rumours the coach had a falling out with his rival for the No.1 jersey

日本語ブログ

セスク・ファブレガス「モウリーニョはベストの監督で、結果を手にする必要がある。今まで率いたどのチームでも、彼はその結果を得ているんだ」【海外記事】

セスク・ファブレガスが、ベストの監督としてジョゼ・モウリーニョを評価し、監督としての彼の鋭さが、良し悪しの有無は置いておいて、アーセン・ヴェンゲルとペップ・グアルディオラとの違いを生み出しているとした。 ファブレガスは、ペトル・チェフが移籍すれば、有力な次期副キャプテン候補になる。彼は、今シーズンのスタンフォードブリッジでの成功には、モウリーニョ効果が欠かせなかったと語っている。 「彼は勝利することが好きなんだ。今まで一緒に仕事をした他の監督がそうじゃなかったという意味じゃない。でも、彼は今までの監督の誰よりも、勝利することを渇望しているんだ。練習や試合の一つ一つで、そのメンタリティが示される。彼がキャリアにおいて栄光を手にしてきた理由がわかるよ」 「彼はチームのマネージメントの仕方を知っている。選手からベストを引き出す術を知っている。それこそが、選手が監督から与えられたいと思うことだ。年間60試合を戦う中で、3日おきにはモチベーションを刺激されるんだ。簡単なことじゃないよ。周りは僕たちが大きなチームを持っていると思うかもしれないけど、実際はそうじゃない。大体22人の選手で、何人かはアカデミーの選手だったり、21歳以下だったりするんだ。だから簡単な仕事じゃない。彼は実際、ファンタスティックな仕事をしている。彼はベストの監督で、結果を手にする必要がある。そんな中、今まで率いたどのチームでも、彼は、その結果を得ているんだ。率いたチームは、チャンピオンにする。それが真の勝者の印だよ」 「試合でトップフォームであるために、毎日叱咤激励してくれる監督のような存在は、どの選手にも必要なんだ。ひとりよがりのプレーが許される試合などはなく、それが助けになる。練習でいいプレーをしなかったり、簡単に思われる試合でいいプレーをしなかったりすれば、試合に出ることはできない。それがプレーの質を保つ助けになっているんだ」 「これが新しい時代のスタートであると願っているよ。ジョン(テリー)、ディディエ(ドログバ)、ペトル(チェフ)、イヴァノヴィッチ、ミケルなど、長い時間ここにいる選手たちはいるけど、これは新しいチームなんだ。でも、新しい選手たちも、この勝利のメンタリティーを感じているよ。これから先、何年もそうだろうね」 「シーズン当初から言っていたように、チェルシーは若くて才能に溢れたチームだ。それが僕がここに来た理由の一つでもある。ヨーロッパのベストの一つにだって、なりうるチームだ。それに監督は、僕がしばらく感じられなかったことを感じさせてくれる。プレーさせて、自分に自信を与えてくれるんだ。ここでプレミアのタイトルを獲得するのは、バルサでリーガ勝ち点100を達成して優勝した時と同じくらい感慨深い。自分が重要であると感じることができている。選手として、それが求めていることなんだ。チームの大切な一員と感じられる。これがチェルシーで僕に起こっていることだ」 参考:英ガーディアン紙

サッカー

ジョン・テリー「モウリーニョは、今もハーフタイムに激怒することがあるよ。机がひっくり返り、水のボトルは空を飛ぶんだ。3ー0で勝っていてもね」

チェルシー主将のジョン・テリーは、ハーフタイムのジョゼ・モウリーニョ監督の反応は予測不可能だと明かした。 「前半を3ー0で終えていても、時には鬼のように怒るし、負けていてよいプレイができていなくても、時にはハーフタイムにリラックスしているように見えたりする」 リーグカップ覇者は、プレミアのタイトルにも近づいている。しかし、モウリーニョは、いつも選手たちに気を引き締めさせている、とテリーは言う。 「このクラブでは滅多に起きないけど、時々はハーフタイムで負けていることがある。ロッカールームに入って叱咤されると思うだろう。でも、入ってみると、監督は静かで、落ち着いた振る舞いをしていて、予想と正反対なんだ。『聞くんだ。この試合には勝つ。後半は開始早々にゴールを決めるだろう』という感じでね。そして、それを選手たちに信じ込ませるんだ」 「またあるときには、2ー0や3ー0で勝っているとする。満足した気分でロッカールームに行くと、彼は烈火のごとく怒ることもある。テーブルはひっくり返り、水のボトルは空を飛ぶんだ。『どうしてこうなっているんだ?』と思うよ」 「でも、後半に行くと、3ー1や3ー2で何とか勝つんじゃなくて、5ー0で勝つんだ。彼は選手がいつ気を緩めるかを知っているんだ。フィールドに向かう前に、それを感じ取ってしまう。選手たちや毎試合に関して、そんな感覚が降って来るんだ。それを見ていると、僕が経験したようなことを身につけている監督は、他にはいないと思うんだよ」  参考

サッカー

ジョン・テリーは、チェルシーの外では嫌われているかもしれないが、彼こそがイングランド最高のディフェンダーだ【海外記事】

プレミア最高のセンターバック ジョゼ・モウリーニョの主将は、自らの監督と同じように自分のクラブの外では愛されていないが、ピッチ上では最高のパフォーマンスを見せている 今シーズン、プレミアリーグ最高のディフェンダーは誰か?来シーズン終了までクラブとの契約を延長した一方、代表チームでは二度とプレーすることのないであろう、34歳のベテランで疑いはない。ジョン・テリーだ。 他の選手たちがテリーをプレミアの最優秀選手に投票するかも興味深い。投票はすでに始まっている。また、プレミアのベストイレブンに選ばれるかも注目だ。前回の栄光からは、既にしばらくの時が経ってしまっている。 テリーが、他の選手たちから、プレミアの二大セントラルディフェンダーの一人として見なされたのは、2005/06シーズン以降はない。それまでの三年間、彼は既に三年連続で選ばれたこともあったが、それ以来、彼はその座を射止めることはなかった。 2006年からは、リオ・ファーディナンドが4回、ネマニャ・マティッチが4回(マンUで同僚のファーディナンドとマティッチの同時受賞は、その内の3回)、ヴィンセント・コンパニが3回、ギャリー・ケーヒル、ファブリシオ・コロッチーニ、ヤン・ヴェルトンゲンなどが1回。しかし、テリーは一度もない。 しかし、テリーは、UFEAのベストイレブンには、2007年から2009年まで、三年連続で選ばれている。これは選手たちによる投票ではなく、ファンによる投票であり、大多数はイングランド外からのものだ。 分かれる選手からの評価 なぜ、テリーは、プレミアリーグで見落とされるのか?テリーがコンスタントに活躍しているのを考えると、おそらくは、メディアやサポーター以上に、選手たちの間で評価の分かれる選手だからだ。 おそらく、ジョゼ・モウリーニョのように、テリーは賞賛されてはいるが、それはスタンフォード・ブリッジの外で、ではない。ジェイミー・キャラガーは、最近、モウリーニョの試合での功績は敬意を表されるし、モウリーニョは史上最も成功した監督になれる人物だが、自らが率いたクラブの外では愛されることはないだろう、と述べている。 これは、ほとんどの成功した監督に当てはまるかもしれない。しかし、選手としてはどうだろうか?テリーのような長く活躍している選手は、そのほとんどが、クラブの外でも愛情と尊敬を勝ち取っている。ライアン・ギグス、スティーブン・ジェラード、フランク・ランパードを思い浮かべるといい。しかい、テリーの場合は、その反対だ。プライベート(これはギグスも同様だが)、アントン・ファーディナンドに対する人種差別疑惑が原因なのだろう。後者は、裁判では潔白とされたが、FAでは同じ結論を下していない。 しかし、たとえテリーの人気に疑問を呈することはできても、彼の選手としての質には疑問の余地はない。彼は、突出したリカバリー能力、一対一の強さ、柔軟な対応能力を持った、驚くべきディフェンダーだ。 高騰するセンターバックの価値 シティーは、マンガラに4200万ポンドを費やした。ユナイテッドは、ドルトムントのフンメルスに、3000万ポンドを費やすかどうかを検討中だ。たとえ所属のレアルではベンチでも、ラファエル・ヴァランは、トップクラブから引く手数多だろう。 センターバックの価値は高騰しているだけでなく、選択肢はどんどんと少なくなっている。センターバック獲得は、クラブにとって死活問題なのだ。クラブは、必死になって、そのポジションを任せられる選手を漁っている。 イングランドには、ギャリー・ケーヒル、フィル・ジャギエルカ、クリス・スモーリング、フィル・ジョーンズが、ロイ・ホジソン指揮下で召集され、U21にはジョン・ストーンズがいる。しかし、これ以外では、選択肢はほとんどないと言っていい。リドリー・キングをケガで失ったイングランドが、それでもキャラガー、ファーディナンド、ソル・キャンベル、テリーのような質の高い選手をW杯に帯同できた、選択肢の多い2006年のような時代は過ぎ去っている。 これらの突出した選手のうち、3人は引退し、ファーディナンドは、QPRで斜陽の時を迎えている。この世代では、少なくともクラブにおいては、テリーは唯一、最高峰のレベルでプレーしている最後の選手だ。 テリーは、代表チームに戻ることはない。それが全ての関係者にとってベストだろう。ファーディナンドの件以降、代表チームからの引退を決断したのは、他ならぬテリー自身だ。追放されているような現況は、彼が自分で決めたことなのだ。 相手からの賞賛と統計が示すテリー テリーは代表を引退して正解だった。正しい時を選んで去っている。一時的にでもチェルシーの主将の座を剥奪されずにいたのは、幸運だったくらいだろう。しかし、それでも、今シーズン素晴らしいプレーを見せているテリーが賞賛されない理由にはならない。 リーグの得点王であり、ブレーク中のハリー・ケインは、キャピタルワンカップの決勝でのチェルシーに敗れた後、「テリーは、今まで対峙したディフェンダーの中で、最も難しい相手だった」と言っている。 トッテナムがチェルシーを5ー3で破ったその前の対戦では、ケインはテリーを翻弄していたが、二度とそのような事は許されなかった。 ケインは、次のように述べている。 「テリーが経験豊富で、どれだけ卓越したディフェンダーであるかを教えられたよ」 テリーは、過去5シーズン退場したことはない。また、今シーズンのプレミアでは1回しかイエローカードを出されていない。過去3シーズンをさかのぼっても、わずか5回だけだ。 Optaの統計によると、テリーは今シーズン、既に38回もタックルでボールを奪っている。昨シーズンは、29回だ。しかも、ファールは9回しか犯していない。タックル、ヘディング、ブロック、クリア、ヘディングによるクリア、パス、チャンスメイクの全てにおいて、ケーヒル、ジョーンズ、スモーリングを上回っている。ジャギエルカの数字も素晴らしいが、それは、このエバートン主将が守備に回る回数が、首位チェルシーのテリーと比べると多いからだとも言えるだろう。 復活した34歳 また、テリーは、驚異的な回復力も見せている。2012/13シーズン、彼はリーグ戦わずか14試合の出場にとどまっており、そのうち先発は11回だ。試合のペースについて行けず、ぎこちない姿に見えたり、一連のケガがプレーの質に影響していたときには、さすがに彼のフォームも下り坂に差し掛かっていた。 アンドレ・ビラス=ボアスの高い位置での守備は、テリーには合わなかったし、ベニテスは、彼をファーストチョイスとは見なさなかった。 自らの後継者候補のクルト・ズマのような若い才能を開花させるのに熱心でありつつも、テリーは、プレーできる間はプレーだけに集中し、監督補佐のような役割からは、身を引いているように見える。 テリーは、30代の選手には一年契約しか提示しないチェルシーのポリシーと恩師モウリーニョ監督に刺激され、また代表戦の間に休息をとることによって、パフォーマンスを保っている。 テリーの復活は、驚異的で、特筆に価する。たとえイングランド代表では見ることができなくても、彼がプレミアのベストイレブンに選ばれることを願っている。 参考

サッカー

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が秀逸なモチベーターである5つの理由【海外記事】

メディア操作 チャンピオンズリーグの第一レグで、チェルシーは、PSGにアウェーで3-1で破れた。そのとき、モウリーニョが行ったのは、本拠地スタンフォード・ブリッジでの第二レグに向けて、選手を奮い立たせるだけでなく、襲いかかるプレッシャーに対応できる状態に向けていくことだった。 試合が始まったのは、審判がキックオフの笛を吹いたときではない。本当のキックオフは、モウリーニョが恒例のメディア対応をしていた、試合の24時間前に始まっていた。 試合前のプレスカンファレンスでの彼の言動は、選手たちをPSGに立ち向かわせる言動そのものだった。 彼は自信に満ちて、雄々しく振る舞った。そして、選手たちとフットボール界にメッセージを発するために、メディアを利用した。 「チェルシーは、闘わずに敗れ去ることはない」 彼らが、その後、2-0でPSGを破り、アウェーゴールの差で準決勝に進んだのは、モウリーニョの影響があったことは間違いない。 それからモウリーニョは目立たなくなったが、ときが来れば、選手たちにメッセージを伝えるために、またメディアを利用することだろう。 情熱 モウリーニョは、最新のスーツとフィットしたシャツを着こなし、タッチライン際では優雅に見えるかもしれない。しかし、そんなものに騙されてはいけない。 なめらかなイメージの裏にいるのは、フィールドから出るボールを蹴り返し、不正なプレイに怒り、自分の選手たちの成功に一喜一憂して、いつでも飛び出す心構えでいる、運動着をまとった監督だ。 他の監督は、もっと上品なやり方で選手たちと一体感を出そうとするかもしれない。しかし、モウリーニョは、行動でそれを表現する。それを見て選手たちは自分の役割を理解し、モウリーニョは選手たちとうまく混ざり合う。選手たちは、監督から自分が価値ある選手だと伝えられる。彼らがベンチを見たときに、そこにいるのはただの監督ではない。共に戦場に駆け出す一人の男なのだ。 これが、モウリーニョが多くの選手たちと、ただの選手と監督以上の絆を育んだ、多くの理由の一つだろう。 労働倫理 「モウリーニョは、誰もがやらないやり方で選手たちをコントロールする」 自伝の中でズラタン・イブラヒモビッチは言った。 「彼は軍の指導者だ。この男のためなら死ねると思わせる監督だ。他の監督の倍は働く。そして選手を試合に向けて準備させるんだ」 もしも、監督が選手にだけ全てを要求して、自分は何もしないのであれば、そんな監督にどのような結果を残すことができるだろうか。 イブラヒモビッチは、強大なエゴで知られた人物だ。そのイブラヒモビッチにさえ、モウリーニョの労働規範は深い影響を与えている。モウリーニョの手法が、あのイブラヒモビッチからこれだけの反応を引き出せるなら、他の多くの選手に関しても同様だろう。 愛情 このチェルシー監督を知るには、これだけでも十分だろう。 先のイブラヒモビッチのコメントと似ているが、このポルトガル人指揮官が選手と育む絆は、とても大きく、選手への愛情によって築かれている。 チームを率いているとき、そのチームの選手を、モウリーニョは何よりも愛する。 心、ファイティングスピリット、勝ちたいという望みを全て見せれば、彼は選手にそれを返してくれる。そして、選手への愛情は、選手を成功へのモチベーションに駆り立てる。 その反面、選手が全てを見せることができなければ、モウリーニョは失望し、選手はモウリーニョを理解できずに終わるだろう。 自信 サッカー選手が自信に満ちあふれたとき、彼らは世界を制することができるとさえ感じる。 日程が詰まってるって? それがどうした。 怪我だって? 注射をしてくれ。 不利だって? 間違ってることを証明してやるよ。 気持ちの問題は、サッカーだけではなく、全てのスポーツに当てはまる。 選手たちは、モウリーニョの就任によって、気持ちを育てる監督を手にした。選手は彼のためにも勝ちたいという気持ちにさせられ、モウリーニョは勝利のためにチームを磨き上げる。 モウリーニョは、選手たちに敗北の予感を植え付けない。彼のやり方は、選手たちに「自分は成功できる」という自信を焼き付けるものだ。上のYouTubeクリップは、試合前のチームトークにおいて、彼が選手に静かに信念を伝えている場面。 「負けることはできない」 モウリーニョは、選手たちに言った。 敗北すれば、チェルシーのシーズンにどのような影響があるかをただ伝えているのではない。繰り返しに注目してほしい。 「負けることはできない。我々は、負けることはできないんだ」 もしモウリーニョが十分に伝えたなら、選手たちはそれを信じる。 選択の余地なく、信じるのだ。 参考:5 Reasons Why Chelsea Boss Jose Mourinho Is the Master Motivator