TAG ハンガリー

日本語ブログ

ヨーロッパの主要大学に一年・半年の学部英語留学。学費はフィリピン留学以上に格安で、休学、ギャップイヤー取得者にオススメ

  簡潔に言えば、内容は交換留学制度とほぼ同じ。一年・半年間留学をして、留学先の海外大学の単位を日本の大学に編入できる。ただ、留学先の大学から日本の大学に留学生が交換で来るわけではないので、正式には「交換」留学ではない、というだけ。 この留学ができる大学は、ヨーロッパでも限られる。しかも、交換留学に比べると、若干、複雑な手続きが必要で、アレンジの仕方は、各大学の学部によって大きく異なる。願書提出前に留学先で指導教授を見つけなきゃいけない場合、所属大学の認可が必要な場合、履修する授業をあらかじめ選ばなければいけない場合など、様々なケースが考えられる。     対象になる人 この大学学部留学サポートは、 大学生のうちに英語留学をしておきたい 一年・半年の留学を格安で体験したい 就職前にヨーロッパで海外生活を経験したい ヨーロッパで友達を作りたい でも、 学内の交換留学の選考に通らなかった 大学の提携先には留学したい大学がなかった 交換留学に興味を持ったのが遅すぎた といった人を念頭に置いている。   メリット 単位が取れる 国内主要大学に留学ができる 学費が安い 生活費が安い   チャレンジ 英語検定試験の点数が必要(最低限IELTS5.5) 平均的な成績が必要 メールアドレスが必要(キャリアメールは除く)   基本サポート 大学リスト送付と整理 大学選びのアドバイス 出願エッセイの添削/アドバイス 願書に必要な書類チェック 住居探し 緊急時の対応 詳細は、Good Friends Japanのウェブサイトを参照。

日本語ブログ

40万円未満の学費で、ハンガリーの名門大学に一年間の英語留学ができる

僕が訪れた都市の中で、生活費が安く、街並みが美しいところと言えば、チェコ共和国の首都プラハと並んで真っ先に思いつくのが、ハンガリーの首都ブダペスト。「ハンガリーかあ。あんまりイメージが浮かばんわ」と親友が言っていたように、おそらく、ほとんどの日本人にとって、ハンガリーという国は、あまり馴染みがない。 僕も最初はポーランドばかりを調査していて、近隣のハンガリーは真剣に調査していなかったんだけど、ひょんなことからハンガリー人と繋がりができ、ハンガリーの大学を調査し始めた。大学の国際オフィスと話を重ねるうちに、「これは、ものすごい穴場だな。歴史あるヨーロッパの町の国立大学に、この金額で留学が実現するんだ?これは日本からの留学生を送り込むしかない」という思いが確信に至り、大学とも正式に提携することにした。 ハンガリーの幾つかの都市で色々な大学生にアンケートをとったり、インタヴューをしたりしても、ハンガリー在住の留学生たちの満足度は非常に高い。アジア人があまりいないので、アジア人にはあまり話を聞けなかったけど、何人かの中国、ベトナムからの留学生たちは、「費用も考えたら、ここは最高の環境だ」と言っていた。   ハンガリーでは、英語を学ぶ留学も、英語で学部のクラスをとって単位取得をする留学もできる。英語コース終了後には、日本に帰国してもいいし、ワーキングホリデーに行ってもいいし、ハンガリー内外の大学に学部留学してもいい。一年間の英語コース終了後には、いくつかの選択肢が考えられる。 英語で学部留学、大学院留学するには、最低限のアカデミック英語の力が必要だ。ハンガリーの国立大学でアカデミック英語の力を伸ばし、そのままハンガリーで大学進学するのも、他国の大学にも留学するのも、将来の可能性を広げる意味では、よい選択肢になる。 また、就職するにせよ、起業するにせよ、自分が慣れていない未知の文化に身を置いて、様々な生活習慣の人たちと英語を共通語にして大学生活を送った経験は、きっと活きてくるはず。 僕も大学と大学院では、留学生という立場で学んでいたので、今の留学生たちを見ると、当時の自分自身を重ね合わせてしまう。「効率よく勉強して能力を高めて、一生付き合えるいい友達を作って卒業してほしいな」と、心から思う。