TAG バイエルン

サッカー

ペップ・グアルディオラ:興味深い5つのこと【海外記事】

バイエルン監督のペップ・グアルディオラは、興味深い人物だ。リオネル・メッシのような選手が彼と強い絆を育む一方で、ズラタン・イブラヒモビッチのような選手は、彼を毛嫌いする。バルセロナでプレーしていた頃から、彼はいつも注目を浴びていた。このスペイン人監督について、あなたが知らないだろうことは、以下の5つ。 1.選手としての最後のクラブ 信じられないかもしれないが、彼がプレーした最後のクラブは、メキシコのドラドス・シナロアだ。選手としての現役を退く半年前、34歳のときに移籍し、わずか半年で退団した。スペイン人監督フアン・マヌエル・リージョに誘われて、彼はチームに加入しており、メキシコで指導者養成学校に通っていたグアルディオラにとっては、これは自然な選択だったとも言える。 2.大事な得点を記録 スペイン代表としては、守備的セントラルMFのグアルディオラは、わずか5得点を記録しているだけだ。しかし、親善試合で記録したのは1点のみで、5得点のうちの4得点は、重要な試合で記録したものだ。最初の得点は、1994年アメリカW杯の予選でラトビア相手に決めたもの。また、3−1で勝利したW杯本戦のボリビア戦では、先制ゴールも決めている。残りは、1998年フランスW杯予選での2点、2000年にスウェーデンとの親善試合で記録した1点だ。 3.バルセロナのボールボーイ 1986年4月16日のヨーロッパカップ準決勝、スウェーデンのヨーテボリとの一戦で、15歳のグアルディオラ少年は、ボールボーイを務めている。カンプノウで行われたその試合で、2週間前に0−3で破れたバルセロナは、今度は3−0で勝利し、二試合合計を3−3の引き分けに持ち込んだ。延長でバルセロナのビクトル・ムニョスが決勝PKを決めたとき、グアルディオラ少年は、祝福のためにムニョスに走り寄っている。 4.忍耐は美徳 ペップは18歳のときに、妻のクリスティーナに出会って、交際を始めている。しかし、二人は2014年5月まで結婚することはなかった。事情があって、25年間も結婚せずに付き合っていたことになる。現在、夫婦の間には3人の子供がいる。 5.3つのメダル 最初の金メダルは、1992年にスペイン代表で勝ち取ったオリンピックのメダル。2つ目は、2010年に受け取った、スポーツ功労者勲章。スペイン国内でのスポーツへの貢献に対して送られている。3つ目は、2011年のカタルーニャ議会勲章。カタルーニャ地方の勲章の中でも、最高の栄誉とされている。 参考

サッカー

バイエルン指揮官グアルディオラ「私はティキタカが嫌いだ。ゴミ同然で意味のないものだ」【海外記事】

グアルディオラに関する最新本を出版した、ジャーナリストのマルティ・ペラルナウが、グアルディオラとの時間を語っている。参考:テレグラフ ペラルナウは言う。 「(ニュルンベルグ戦での)バイエルンは前半ひどかった。まるで選手たちが、確実にボールをパスして、ペップを喜ばせようとしているようだった」 ペラルナウとの食事の最中、グアルディオラはこう言ったという。 「私は、パスのためにする全てのパス、そんなティキタカは嫌悪している。そんなものはゴミ同然であり、何の目的もない。パスは相手ゴールに迫るという明確な意図を持って出されなければならない。パスのためにパスをするのではないんだ」 次の日、グアルディオラはミーティングで自分の意図をさらに展開して、選手たちに言った。 「自分らしくあれ。みずからのDNAを掘り下げてくんだ。私はティキタカは嫌いだ。ティキタカはパスワークのためにパスをして、明確な意図に欠けている。そんなのは意味がない」 「外部の人間が言うことを信じるな!バルサはティキタカなどしていない!そんなのは創作されたイメージだ!一言も信じるな!相手ディフェンスを追いつめるために、相手側のピッチを占拠する。それが秘訣だ。片方のサイドを支配して、相手を引きこもらせることで、こちらのサイドに手を出させないようにさせるんだ」 「それをしっかりやれば、相手を攻撃し、ゴールすることができる。だから、パスをする必要があるんだ。ただし、明確な意図を持って、だ。相手に負担を強いるためにするんだ。相手を追いつめ、強烈な一撃を食らわせる。私たちのゲームもそうである必要がある。これはティキタカとは関係ない」