TAG ポール・ポグバ

サッカー

ポール・ポグバ:知っておくべき5つのこと【海外記事】

フランス人のスター選手ポグバは、2014年W杯で最も若い選手の一人だっだ。しかし、21歳にして、W杯ベスト16でのナイジェリア戦での得点を含め、既に代表で3得点を記録している。比較的短いプロのキャリアだが、多くのクラブに所属し、固定ファンも築き上げている。「Il Polpo Paul」(タコのポール)と呼ばれるこの選手は、注目必至の選手。以下の5つが、この選手について、あなたが知っておくべきことだ。 1.彼はイタリアリーグでプレーしている フランスのラニー=シュル=マルヌで生まれた、ポール・ラビーレ・ポグバは、サッカーファンに愛される存在だ。フランスのル・アーブルでプレーしていたが、マンチェスター・ユナイテッドに移籍し、今はイタリア王者のユベントスでプレーしている。 2.彼は若いが、新米ではない ポグバはW杯で最も若い選手の一人だった。しかし、彼の年齢は、その経験を反映するものではない。ポグバは、6歳でサッカーを始め、クラブを渡り歩いて、経験を積んできた。2013年には、20歳以下のベスト選手に選ばれ、ゴールデンボーイ賞も受賞している。 3.ファンは、彼に多くのあだ名を付けている 最もよく用いられるポグバのあだ名は、「Il Polp Paul」か「Paul the Octopus」(どちらも「タコのポール」)だろう。この由来は、彼の長い脚。彼の身長は約188センチと高く、脚の長さも際立っている。これがタコの長い触手を思い起こさせるので、ファンはポグバを「タコのポール」と呼んでいる。 「タコのポール」は、ポグバに最も使われるあだ名だが、他のものもある。ポグバは、マンチェスター時代の同僚が、彼を「ネルソン・マンデラ」と呼んでいたことも明かしている。監督のアレックス・ファーガソンに反抗していたというのが、その理由だそう。 ポグバは、ファーガソンとの確執は否定している。 「僕はサー・アレックス・ファーガソンに敬意を欠いたことはない。何かあったとしても、その反対だ。僕は彼と面と向かって物事を言っていたのだから」 4.サッカー一家で育っている ポグバは、ギニア人とコンゴ人の両親の元で生まれ、マティアス、フロランタンという二人の兄がいる。二人の兄は双子で、弟ほどの成功を手にしていないが、共にサッカー選手になっている。マティアス・ポグバは、クルー・アレクサンドラのFWであり、フロランタンは、サンテティエンヌでプレーしている。 5.彼とアレックス・ファーガソンの関係は、上手くいかなかった 2009年から、ボグバはプレミアのマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたが、契約延長を受け入れず、2012年に急にチームを去っている。ファーガソンは怒り、ポグバは敬意を欠いていると、公に彼を非難した。 一方のポグバも、ファーガソンは彼をプレーさせず、チームを去ることを決めた時は、無礼な態度だったと、ファーガソンを非難している。英紙インディペンデントに、ポグバはこう語っている。 「プレーしなきゃならないんだ。監督が、チップチームでプレーするチャンスがあると言ったけど、僕にはプレー時間がなかった」 参考