TAG EUビジネススクール

日本語ブログ

英語留学にスペイン&ドイツのEUビジネススクールを勧める15の理由

EUビジネススクールは、ヨーロッパの主要な大学、大学院であり、バルセロナ(スペイン)、ミュンヘン(ドイツ)、ジュネーブ(スイス)、モントルー(スイス)にキャンパスがある。どのキャンパスも、全ての教育が英語で行われ、教員、学生ともに世界各国から集まってきている。ビジネススクールという名前が日本人には混乱させるが(European Universityから大学名を変更)、通常の大学、大学院で、学士号、修士号、博士号を取得することができ、英語学習コース、国際関係学、レジャー&観光学、スポーツマネージメントなどの専攻も存在する。 大学のブログは、こちらから。 EUビジネススクール(バルセロナ)スポーツマネージメントの卒業生で、IMG Japanでのインターンシップ、電通勤務を経て、現在レッドブルで勤務しているKei Sugimotoさんの紹介記事。 大学本部はジュネーブにあるが、最も学生数が多く、実質のコミュニティーの中心を担っているのは、バルセロナのキャンパス。スペインは概して日本には好意的で、日本人の勤勉さや日本文化が、非常に高く評価されているところ。日本人とスペイン人の交流を増やしたいこともあり、まずスペインのキャンパスを念頭に入れ、長所や魅力的でない点をまとめていくことにした。 EUビジネススクール(バルセロナ)の魅力 1.第三機関からの評価が確か EUビジネススクールは、欧米の様々な教育機関から認証評価を受けている正式な高等教育機関であり、ビジネススクールランキングの常連。 【参考】 オンラインMBAランキング1位(The CEO Magazine調べ) トップグローバルビジネススクースランキング33位(QS Top MBA Global 200 Business Schools Report調べ) 卒業後に投資額に見合った給料を受け取れるランキング5位(QS Return of Investment Report調べ) 女性にベストのビジネススクール6位(Capital W調べ) トップビジネススクール  トップ20入り(China Economic Review調べ) また、欧米の多くの高等教育グループのメンバーにもなっており、提携を結んでいる学校も世界中にある。提携校であるローハンプトン大学(ロンドン)、ペース大学(ニューヨーク)などに留学して、第二学士号を取得することも可能。 2.キャンパスは全て英語環境 EUビジネススクールでは、全ての授業が英語で行われ、学内の公用語は英語のみ。教授陣もスタッフも全員が流暢に英語を操るので、スペイン語が全くわからなくても、問題なく大学生活を送れる。ヨーロッパの非英語圏には、特定の学部だけ英語のみで行っている大学は多いが、キャンパス全てが英語環境なのは、それほど多くはない。中欧の一部の大学以外、完全な英語環境で、EUビジネススクールほど手頃な学費で評価の高い教育を行うところは、今のところ見当たらない。 3.クラスサイズが小規模 少人数教育を推進しており、1人の先生に9人の学生がつく割合(2016年1月時点)。教員が少人数の学生についているので、相互コミュニケーションが取りやすく、学習面で困難があっても、丁寧に対応されやすい。 4.学位を取らない短期留学もできる 数週間のサマーコースに加え、一学期や一年間だけ、学部留学、大学院留学、英語コース留学、ビジネス予備コース留学ができる。留学するのに、必ずしも学位を取る長期留学をする必要はない。日本で大学に所属しているのであれば、EUビジネススクールで取得した単位を、所属大学の単位に組み入れることも可能(ただし、事前に所属大学に確認を取る必要がある)。 5.現役大学生でなくても、短期学部留学ができる いわゆる「社会人」、フリーターであっても、留学は可能。英語コース、ビジネス予備コース、学位を取る長期留学はもちろんのこと、一学期、一年間のみ、学部や大学院のクラスを取ることもできる。また、夏学期も含めれば、4年制大学の卒業者は、一年で第二学士号を取ることもできる。 *高校中退者で高校卒業程度の資格を持っていない人でも、英語コース、ビジネス予備コースに留学ができる。無事にビジネス予備コースを終了した後は、EUビジネススクールに大学進学をして、学士号を取得することも可能。 6.英語力の足りない人用のプログラムがある 出願の際の英語力の基準は、学部留学でIELTS 6.0、大学院留学でIELTS6.5(TOEFLやIELTSの点数を持っていない人は、EUビジネススクール独自の英語のテストを遠隔で受けることもできる)。これに満たない場合は、基本的に3ヶ月集中型の英語コースに進学し、一学期、英語を学ぶことになる。予備コース出願時の英語力の基準は、IELTS5.0、TOEFL iBT45。日本の高校でそれなりの英語の成績を取っている人であれば、予備コースに入学することは十分に可能。 7.TOEICの点数を出願に利用できる 大学によっては、IETLS、TOEFL、ケンブリッジ英語検定などを受け付ける一方、TOEICの点数では、出願の際の英語力の証明として認められないケースがある。TOEICは基本的にビジネス英語よりの能力を測るものであり、留学の際のアカデミック英語の力を測るものではないからだ。 しかし、EUビジネススクールは、TOEICの点数も出願に利用することができる。点数の基準は、予備コースで600、学士課程で670、MBAで720。アカデミック英語でない分、日本人にはTOEICの方が基準の点数を取りやすいことが多いので、TOEICを出願に用いることができるのは人によっては助かるはず。 *IELTS、TOEFL、TOEICなどの点数を持っていない場合、大学独自の英語能力試験で代替できる。遠隔で日本にいながら受けられる英語のテストで、インターネット環境とプリンターが近くにあれば、受験可能。ただし、出願前に一回、渡航後に一回と、合計2回のテストを受ける必要がある。 8.4つの都市を行き来して学べる EUビジネススクールのキャンパスは、ジュネーブ、モントルー、バルセロナ、ミュンヘンにある。ずっと一つのキャンパスに留まる必要はなく、今学期はミュンヘン、来年一年間はバルセロナ、次の学期はジュネーブ、残りは全部モントルーなど、学期ごとにキャンパスを変えながら学ぶこともできる。 ただし、ジュネーブとモントルーは、バルセロナとミュンヘンよりも学費が高い。経済的に限られた予算で留学している人にとって、現実的な選択肢は、バルセロナとミュンヘンの2都市を行き来することだろう。スペイン、ドイツの文化に日常的に触れつつ、英語で学位を取るという選択肢は、うまく利用すれば、将来の人生の幅を広げてくれるはず。 9.オンライン学習を組み合わせることができる…