お婆さんを背負った二人の僧侶の話【新しい一歩を踏み出す人へ】

ある日、二人の僧侶が田舎町を歩いていた。収穫物の運搬のために、ある村へと向かう最中だった。その道すがら、老女が川のほとりに座り込んでいるのが、僧侶の目に入った。橋が架かっていないので、川を渡ることができず、困っているようだった。

一人目の僧侶が、親切に申し出た。

「よろしければ、川の向こう側まで私たちが運びますよ」

「ありがとう」

老女は、そういって申し出をありがたく受けた。

二人の僧侶はお互いの両手を組んで、老女を組んだ腕に乗せ、川を渡った。渡り終えると、二人は老女を下ろし、彼女はそのまま道の向こうへ消えていった。

 

僧侶たちも旅路を続け、10キロほど歩いたところで、二人目の僧侶は不満をこぼし始めた。「ああ、この袈裟を見ろ。あの婆さんを運んだせいで、泥だらけだ。それにいきなり重いものを運んだから、背中も痛む。」

一人目の僧侶は、微笑みを返して、黙って頷いた。

 

また10キロくらい進んだところで、二人目の僧侶が、再びぶつぶつとこぼし始めた。

「背中がすごく痛い。あんな婆さんを運ばなきゃよかった。もう歩くのも辛いよ」


一人目の僧侶は、道端に横たわり、不満を並べる相方に言った。

「僕がどうして文句や不満を言わないのかわかるかい?」


彼は言葉を続けた。

「きみの背中が痛むのは、今もきみの心が、おばあさんを背負い続けているからなんだよ。僕は、とっくにお婆さんを下ろしているのに」

 

他人の言動に対して、僕たちは同じことをしがちだ。もしも、あなたが二人目の僧侶なら、いなくなったお婆さんを、ちゃんと背中から下ろすこと。過去のことは、学びの材料にするだけで、背中に背負いこまない。そうやって意識するだけで、日々の小さな決断に変化が出る。過去の嫌なことは、人の精神を支配しやすい。でも、それに引きずられて生きていると、今日という日は、いつまで経っても満開には咲き誇らない。

誰かが与えた嫌な言動は、背中から下ろし、新しい日を始める。新しい人間関係の中で、新しい人生のステージを歩み始める人は特に、過去に運んだお婆さんは、ちゃんと向こう岸で背中から下ろして生きてほしい。

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara