日本語ブログ

【ヨーロッパ大学留学】コンピューターサイエンス・IT専攻ランキング(ハンガリー、チェコ、ポーランド、エストニア、etc.)と留学生を利用したランキング操作と資金集めのカモになるアジア人

エトヴェシュ・ロラーンド大学(ELTE)、ブダペスト工科経済大学(BME)、ワルシャワ大学、ワルシャワ工科大学、チェコ工科大学、カレル大学、タルトゥ大学など、日本語SNSでも情報が出ている大学が、コンピューターサイエンス(CS)・IT専攻のランキングでどの位置にいるのかを利用して、保護者面談の説明に使うために解説をしてみた。

2015年からコロナまでは、毎年6ヶ月をヨーロッパで過ごし、大学調査、現地の生活調査、大学との現地会議に費やしていたので、マレーシア、韓国、台湾の学生のデータをもとに、少しメモを残しておく。

後述するように、ランキングはある程度の操作が可能なので、信奉はしないこと。大学調査をしないで、ランキングを並べても意味はない。ここでは実際に大学訪問した際のまとめ記しておくので、SNSを含めたネットの誤情報にお困りの保護者の方々は、これを資料の一部としてご利用ください。

理系留学であれば、学部の予算(資金力)、英語で学びたければ、英語で開講する授業の数や割合など、基本的なところのチェックを忘れないように、高校生や大学生のご子息にお伝えください。

そして、注目集めやビジネス目的の発信に興味のある人は、自分のプライドや保身は脇に置いて、「未来の子どもたちに正確な情報を残す」ことだけを主眼にすること。この点を守れない大人や大学生が、残念ながら日本語のSNSでは目に付き始めている。

対象になる国

このランキングは、国を以下に限定している。例外は多々あるけど、この辺りは大雑把に言って、EQFレベル3で出願できるところ。入学のハードルは低め。

  1. チェコ
  2. ポーランド
  3. ハンガリー
  4. ルーマニア
  5. クロアチア
  6. スロバキア
  7. スロベニア
  8. エストニア(バルト三国)
  9. ラトヴィア(バルト三国)
  10. リトアニア(バルト三国)

使ったのは、QSとTimes Higher Education(THE)の大学ランキング。科目別に見ないとランキングは意味がないので、ここではComputer Science and Information Systems(QS)、Computer Science(THE)の二つを取り上げている。

上海交通大学の世界学術大学ランキング、CSRankingsなどは、この地域の大学をそもそも対象外にしていることもあるので、ここでは取り上げていない。

また、後述するように、ランキングは留学生を利用してある程度の操作が可能であることは、念頭に入れること。学費が安いヨーロッパの一部の公立大学の学部は、日本や韓国のスタンダードでは問題になることも平気で行っている。

2022年対象10カ国のランキング上位

QSでトップ20の大学

上記の国のComputer Science and Information and Systems専攻のQSランキングを上から並べるとこうなる。

10年くらい推移を見ているけど、「理系で強い国はチェコ。それを追うポーランド」という二強の構図は、ずっと変わっていない。

トップ8の大学

1位から8位までの大学を上から日本語にすると、以下のようになる。

①チェコ工科大学(チェコ)
②ワルシャワ大学(ポーランド)
③カレル大学(チェコ)
③ワルシャワ工科大学(ポーランド)
⑤ブダペスト工科経済大学(ハンガリー)
⑤タルトゥ大学(エストニア)
⑦ブルノ工科大学(チェコ)
⑦リュブリャナ大学(スロベニア)

チェコ工科大学は、この地域で最も理系分野の環境が整っている大学で、サイエンス系の就職・インターンで近隣企業に多数の繋がりがある。ドイツのミュンヘン、ドレスデン、ライプツィヒ、ベルリンなどに地理的に近い上に、卒業生は卒業した後も3年間、大学のキャリアセンターによるキャリアサポートを受けられるのは、現地就職への利点。

英語で開講する授業の種類や数、英語で運営するプログラムの歴史の長さ、理系分野の学内の繋がりの広さ、充実した就職の後押しがあるという点でも、この地域の他の大学をチェコ工科大学が頭ひとつリードしている。アマゾンのAlexa Prize SocialBot Grand Challengeでは、英語圏の大学を抑えて、チェコ工科大学はここ数年のトップグループの常連。

特に留学先の国にこだわりがなければ、「この地域で英語でコンピューター系の学位を取るなら、チェコ工科大学一択」と言ってもいい。チェコは若年層の失業率も低く、理工学系の就職先は多い。

トップ9〜20の大学

トップ8に次ぐ9〜20位の大学を日本語にすると、このようになる。日本語訳は通称を用いている。

  • マサリク大学(チェコ)
  • バベシュ・ボーヤイ大学(ルーマニア)
  • エトヴェシュ・ロラーンド大学(ハンガリー)
  • ヤギェウォ大学(ポーランド)
  • ブカレスト工科大学(ルーマニア)
  • ヴロツワフ工科大学(ポーランド)
  • AGH科学技術大学(ポーランド)
  • リガ工科大学(ラトビア)
  • ブカレスト大学(ルーマニア)
  • ヴィリニュス・ゲディミナス工科大学(リトアニア)
  • ポズナン工科大学(ポーランド)
  • タリン工科大学(エストニア)

この辺りまで下がると、実際に訪問していない大学もあるので、明言できないことも増える。

リガ工科大学、ヴロツワフ工科大学、AGH科学技術大学、ヴィリニュス・ゲディミナス工科大学は、コンピューターサイエンス・ITで教育、研究の評価は相対的に高い。

エトヴェシュ・ロラーンド大学は、今でこそ教育環境の劣悪さが話題になっているけど、現在は留学生の学費を値上げして資金集めをしている段階で、そのお金を利用した教育・設備投資が将来的に行われれば、これからちゃんと環境が整うと予想されている。

英語化が遅れたとはいえ、ポーランドのAGH科学技術大学は、もう少し研究、教育が評価されてもおかしくない印象だけど、それ以外は順当に見える。

対象10カ国のメモ

チェコ

トップ20にランクインしたのは4大学。全てトップ10入り。

上位に入る大学を見るとわかるように、コンピューターサイエンス・IT全般で強いのは、このエリアではチェコ。どの評価を見ても、チェコ工科大学とカレル大学の二つの研究、教育の評価は安定していて、ブルノ工科大学、マサリク大学の評価も、この地域では相対的に高い。

「工学系にも強いチェコ工科大学は、以前から実践的な情報・物理学としてのCS、カレル大学は数学を元にしたCS」というカリキュラムの組み方で、この点は、オランダの工科大学と総合大学のCS専攻の違いにも少しだけ似ている。

ポーランド

トップ20にランクインしたのは、6大学。

ポーランドは、大学の理系教育で評価を上げ続けている国。7年前と比較すると、首都ワルシャワのワルシャワ大学、ワルシャワ工科大学の2校が評価を上げている。ここ10年の推移を見ていると、古都クラクフのAGHとヤギェウォ大学は、ワルシャワの2校と比べると伸びが鈍化した印象。二つとも非常にいい大学だけど、キャンパスを訪問するとわかるように、英語化には大きく遅れをとっている。

ワルシャワは、ここ10年の都心部周辺の開発がめざましい。経済規模が比較的大きい国の首都で、毎年訪問していてワルシャワの変化には驚かされる。政治的にも経済的にも興味深い国で、キャンパスが微妙、英語の授業が少ない、学生の学習熱が低いなど、東欧の古い公立大学にありがちな点はあるけど、社会科学系の留学にも面白い地域。

ポーランドは、以前から海外就職ネットワークの強い韓国人が積極的に進出している国。本国のサムスンで働く韓国の友人たちが、コロナの規制が緩んで真っ先にヨーロッパ出張に行ったのも、ポーランド(&ユーロ通貨圏のスロベニア)だった。ポーランドは急激に成長している国で、僕も以前から注目している。

ハンガリー

トップ20にランクインしたのは、2大学。

ハンガリーは、ここ7年で学費が約1.5〜4倍と専攻によって大幅に上がり、政府奨学金を取る以外、コスパの点でもチェコやポーランドを大きく下回るようになっている。教育環境を整えずに学費だけを上げて批判を浴びた直後なので、2019年くらい以降からハンガリーの大学を選ぶ人は注意が必要。値上げされた高い学費が後年の設備投資に変わるまで、今の学費で以前からの教育環境で学ぶ2019年〜現在までの学生は、どうしても損をしてしまう世代。

「ハンガリーはコンピューターサイエンスで有名」などということも全くない。今まで四人の高校生・浪人生が「ハンガリーはCSで有名だから」と言って連絡をくれているけど、そんな事実はない。

あるインターナショナルスクールでは、英語で正確な情報を取れる英国人を含めた保護者グループが、日本語特有の誤情報に騙されてハンガリーを選ばないように、注意のメッセージまで回している。

国や街を理由に大学選びをする人以外は、他にも多数の選択肢がある中、6,000ユーロ程度もの学費を払ってこのレベルの環境で教育を受けていいかどうか、一度、授業見学をして決めるのがおすすめ。そもそも英語で学べる授業の選択肢が少なく、学部の予算もないハンガリーの大学に理系専攻で行くなら、現地で事前調査が必要。

ポーランド同様、政府の政治的スタンスで議論を巻き起こす国なので、政治・国際関係学系で進学する人には特に面白い進学先だし、ハンガリーの大学は「就職や賃金は特に気にしない。ハンガリーという国、文化が好きだから、ここで学びたい」という理由で選ぶ人にお勧め。

ハンガリー人の友人も多いし、文化的にも、ここはすごく好きな国。何度も長期滞在して馴染みがあるし、日本からも人が増えてほしい。

その他

個人的に2013年からずっと注目しているのは、エストニアのタルトゥ大学。ここは日本人が増えてほしい大学の一つ。大学の公式サイトが微妙だし(2021年12月現在)、今はまだ進学先としては微妙かもしれないけど、僕が生きている間に、チェコやポーランドに迫るようになると思っている。

国別ランキング

Times Higher Education(THE)は評価の仕方が独特で、専攻別では役に立たないことも多いけど、日本では必要以上に広く使われているので、日本人向けに併記してあげておく。

質問が最も多い国から順にアップロードしていく予定。ハンガリーが多かったので、まずはハンガリーから。時間を見つけて、次はチェコとポーランドをアップする。

ハンガリー

QS

QSでは、1位がブダペスト工科経済大学、少し差がついて2位にエトヴェシュ・ロラーンド大学。科目別では、THEよりもQSの方が妥当な順位を導き出すことが多い。

Times Higher Education(THE)

THEでは、オーブダ大学、ブダペスト工科経済大学、デブレツェン大学、エトヴェシュ・ロラーンド大学、セゲド大学が順番にランクイン。

ハンガリーに詳しい人の中には、「まさかの一位がオーブダ?」と思う人もいるかもしれないけど、オーブダに交換留学に来ていた大学生がきっかけで大学訪問したときは、大学の説明を受けて、少し(あくまで「少し」だけど)納得した。確かに、ここはハンガリーの大学の中では、THEのランキングの指標に相性がいい。

繰り返すけど、THEの専攻別ランキングは指標が独特なので、あまりこだわらないこと。ポーランドでも、現地の大学人の評価とはかけ離れた結果が出てくる。

就職に関して

基本的にこの地域の理系留学は、大学院を視野に入れない限り、「海外就職するだけじゃなく、高い給料もほしい」というタイプには向いていない。もう少しその願望の実現の可能性を広げたい人は、この辺りは大学院へのステップとして考えるか、そもそも学士課程のみで就職したいなら、別の地域に行った方が可能性が広がる。

僕が大学調査を始めた13年くらい前には、「チェコ工科大学ではイギリス(当時はEU加盟国)に就職できる」と力説していた人がカナダにいたけど、これは「少数の例外を一般化する」という初歩的な間違い。日本語のSNSを見るとよく見られる現象で、今も昔もこの辺りの間違いの傾向は変わらない。

可能か不可能かと言われると、どんな外部評価の低い大学からも(そもそも、高卒でも)高い給料でイギリス就職できる人はいるので、イギリス就職は「可能」ではある。高卒でも、中卒でも、イギリス就職自体は「可能」だ。

ただ、その可能性が低い。日本の高卒からのイギリス就職と同じで、可能かどうかを聞かれると「可能」にはなるけど、これは可能か不可能かの問題ではなく、確率の高低の問題。

わざわざ可能性がより高くなる選択肢を選ばずに、可能性の低いものを選んでいる点で、大学選びの戦略としては賢明とは言えない。例外的にチェコ、ポーランドから大学院にも行かずに、韓国語、中国語を生かして近隣のドイツなどに就職できた韓国人、台湾人もいる。

でも、地域トップのチェコ工科大学のアジア人卒業生でさえ、日本就職を視野に入れたキャリアフォーラムを除き、より賃金の高い国へ就職できる確率は高くない。チェコですら苦戦するので、サイエンス教育のレベルが下がるハンガリーやルーマニアになると、その可能性は更に下がってしまう。

よくある間違い

就職に関して、今まで連絡をしてきてくれた高校生、大学生の間違いは、どれも似ている。少数の例外を一般化する間違い以外で、連絡を取り合った保護者の方々が直感的におかしいと感じていた部分を、ここでは二点抜き出して挙げてみる。

EUとNon-EU

一つ目が、EU圏と非EU圏の学生の就職を混同していること。

EU圏と非EU圏の学生の就職事情は大きく異なる。ビザがない非EU圏の学生は、そもそも職探しは競争前から不利。ビザに手間が一切かからないEU圏のパスポート保持者を差し置いて、雇用する企業に高い手数料と煩雑な書類処理を強いる非EU圏の学生がEUで雇われるには、特別なスキル、コネ、運など、相応の要素が必要になる。

例えば、ドイツには、英語もドイツ語も流暢なCS・IT専攻のEUのパスポートを保持する学生が大勢いて、英語ネイティブの学生もいる。あいさつ程度のチェコ語とビジネスレベル英語ができる程度のチェコ工科大学の日本人学生がドイツで雇われるには、このような競争相手よりも「たとえ高い外国人雇用の手数料と面倒な雇用ビザ手続きを負担してでも、ドイツの大学を卒業して英語とドイツ語ができるEU圏の学生ではなく、この人を雇った方がいい」と雇用主に納得してもらう必要がある。

これを跳ね返せるのは、中国語の需要を上手に活用して海外就職をする中国人、台湾人留学生を除き、EU圏外のパスポートで英語ネイティブでもない場合、非常に限られる。

最重要項目の一つであるビザ問題を知らずに海外就職は語ることはできない。BBCの大井真理子さんですら、大学卒業後のビザで苦労した過去がある。

https://twitter.com/BBCMarikoOi/status/1140776696393527296

EU圏と非EU圏の学生の就職事情を混同するのは、大人でもちらほらいる。この基本ラインは必ず区別すること。

EUなども含めた複数パスポート持ちの人ではなく、平均的なEUのアジア人学生が具体的にどこに就職し、その給与水準がどのくらいか、調べた人がいたら、ぜひ教えてほしい。SNSには間違いが多いので、ちゃんとデータで出してくれる人がいると、未来の子どもたちは大いに助かる。

修士号の有無

海外就職で連絡をしてくる人たちのよくある間違いの二つ目は、修士号の有無を無視していること。

最近チェコからイギリスに就職したインドの友人も、就職したのはチェコ工科大学から直接ではなく、イギリスの大学院を出てからだった。チェコ工科大学に行って就職できたのはなく、単にイギリスの大学院を出た影響が大きく、イギリスで現地の仕事探しビザを利用して、イギリスで就職できたというだけ。

日本のD大学の学部を出て、アイントホーフェン工科大学(オランダの理系トップ大学の一つ)の修士からオランダの現地企業で働いていた日本人に、2017年にアムステルダムのミートアップで出会ったことがある。D大学からオランダに来る経緯を話してくれたとき、彼も「Dの学位なんて役に立たなかったですよ。ここで修士取らないとオランダで雇ってもらえなかったです」という趣旨のことを言っていた。

内情を知らないと「日本のD大学を出ればオランダで現地就職で高給取りにもなれる」と錯覚するけど、そもそも現地の大学院に行っているのだから、彼の就職に学士課程のD大学は関係ない。

チェコ工科大学やD大学の就職の影響をみたければ、その大学のコンピューターサイエンスやITの学位だけでどこの企業に就職しているか、高給の就職をしている割合(%)は全体でどのくらいかなどを調べること。

ついでにもう一つ

大学の就職率や卒業生の平均給与を見るときは、表面的に出てくる数字を見て何かを判断することはできない。

医学部、薬学部、神学部(M.Divコース)、歯学部、初等教育などの専攻がある大学は、大学全体の就職率が高くなりやすい。

また、医学部、法学部などの専攻がある大学の卒業生の平均給与は高くなりやすい。

この辺りは、方々で言われている基礎知識。

高校生、大学生は、各大学ごとの卒業生の給与水準を見るときに、騙されないように注意してほしい。大学の医学部・法学部卒の医者や弁護士の給与まで含めて大学ごとの平均給与を出しているサイトを見ていると、特定の専攻がある大学の数字は高くなる。自分の専攻に関する数字を知りたければ、必ずコンピューターサイエンスやITの学位を取り出して平均を見ることが必要。

厄介な点は、これらを調べる方法が見当たらないこと。LinkedInやFacebookやQuaraで検索という不正確で不確かな方法には意味がないけど、堅実な方法があるかどうかと言われると、それも見当たらないので、誰か見つけたらネット上に公開してほしい。

以前のように現地の会社の調査員を雇えばできなくもなさそうだけど、調査員には多額の費用がかかって損失だけが嵩むので、できれば違う方法を日本語で残したい。

国別の平均賃金

平均賃金が近い国同士では、人材の流動性が相互で高くなる傾向があるので、賃金の比較ができるように下に世界銀行のデータをまとめてみた。

対象10カ国の平均賃金(USドル)

参照元がアメリカドル表記にしかならないので、そのアメリカドルの数字をそのまま表示する。

データは、「Net income(手取り)」の数字であることに留意していただきたい。通貨にユーロを使用するスロベニアが、給与も物価も最も高い。次いで北欧に近いエストニア、そしてチェコ。

ベスト3は、マーカーで色をつけている。

  • チェコ:17,343
  • ポーランド:13,255
  • ハンガリー:13,582
  • ルーマニア:10,874
  • クロアチア:12,496
  • スロバキア:15,650
  • スロベニア:20,746
  • エストニア(バルト三国):19,446
  • ラトヴィア(バルト三国):13,774
  • リトアニア(バルト三国): 16,504

参考:Adjusted net national income per capita(世界銀行のデータ)

OECD諸国の一部の平均賃金(USドル)

日本や北欧、西欧の一部も、上記との比較対象の参考にしてほしい。

  • 日本:32,482
  • フランス:33,724
  • ドイツ:39,093
  • オランダ:43,778
  • スイス:65,600
  • スペイン:25,055
  • スウェーデン:43,998
  • フィンランド:39,812
  • ノルウェー:60,776

参考:Adjusted net national income per capita(世界銀行のデータ)

チェコからドイツ、オランダ、スウェーデンなど賃金の高い国に行くのは難しいけど、チェコに近い賃金の国に就職するには、実際はそこまで競争が激しくない。

スキルのある人は賃金の高い国に職を求めて集まる傾向が強いので、賃金の安い国は比較的競争が緩くなり、たとえビザで不利になっても、スキル次第で日本人も入り込める余地が十分にある。

アジアで言えば、「フランス人がカンボジアの大学にサイエンス留学しても、シンガポールや韓国に現地就職できる確率は低いけど、サイエンス教育・研究の水準、平均賃金が似ていて、地理的にも近いベトナムに就職するのは高い壁ではない」という類の話。

大学の教育・研究水準、平均賃金を基準に、ヨーロッパの国々をアジアの国々に例えてみると、似たようなことが当てはまる。イギリス人やフランス人にとっては、東欧はアジアに置き換えると、東南アジアの一部の国のイメージ。

多くの東アジア人にはヨーロッパの国はイメージしにくいと思うので、ヨーロッパ留学に関しては、東アジア人ではなく、英国人、フランス人、ドイツ人などに聞いてみるのがおすすめ。

「アジア就職してグローバル賃金がほしいから、カンボジアに留学する」という不思議な選択をするヨーロッパ人はいない。韓国のような科学技術に強い国で、母国フランスと同程度の給料で就職したいフランス人は、カンボジアの大学に理系の学位を取りに行くのではなく、韓国や韓国に理系の教育水準、教育環境が近い国に留学する。

アジアとヨーロッパを入れ替えても、基本的な戦略は同じ。

再考して他に行った方が良さそうなタイプ

他の国の大学に行った方がいいと思われるケースは、以下に当てはまる人。

  • ヨーロッパ就職をして日本と同程度以上の給料がほしい
  • 大学院進学は考えていない

コンピューターサイエンス・IT専攻で大学進学するなら、学費が無料〜20万円程度、かつ英語で学べるCS専攻で、このページのどこよりも外部評価が高い大学が複数ある。商業的ポータルサイトや日本語しか見ていないと気が付かないけど、就職だけでなく、わざわざ将来の給料まで計算に入れて選ぶなら、視野に入れるのは他の地域。

そもそも日本、西欧、北欧の大学の環境を想定していると、授業に参加した時に、この地域の大学のサイエンス教育の環境の悪さ(予算がないので、これは仕方がないと言えば仕方がない)、学生のやる気のなさ、アカデミックレベルの低さ、先生の適当さにもびっくりすることが多々ある。

コンピューターサイエンス専攻で学費無料の選択肢はいくつかあるけど、ヨーロッパに限定するなら、まずドイツのザールラント大学を目指すこと。ここは英語でコンピューターサイエンスの学士号がとれる。ドイツでも高く評価されているプログラムで、学費無料で人気が高く、ハードルは高いけど、SAT抜きで面接だけで入学している人もいる。

外部評価も高く、大学卒業後にドイツで18ヶ月の仕事探しビザまで申請できるザールラント大学であれば、多くの保護者の方々も進学先として納得してくれている。既に多くの人に紹介したので、2022年からは日本からも合格者が増えるはず。

コンピューターサイエンス専攻ではないけど、ドイツのミュンヘン工科大学のManagement and Technologyも良い選択肢なので、経営とITに興味がある人は、ドイツのミュンヘンもぜひ念頭に。ドイツには学費無料で応用科学大学の選択肢もあるけど、卒業後の給与を考えるなら、研究大学のザールラント大学、ミュンヘン工科大学。

進学先選びは大事なので、 間違いだらけのSNS上の情報は鵜呑みにしないこと。誤情報に懸念を示す高校生・大学生、保護者は、僕に連絡が来ているだけでも相当数いる。保護者の知識に救われた高校生・大学生もいるので、不安であれば、高校生・大学生は保護者に進学先のチェックを依頼してほしい。

ランキング対策とカモになるアジア人に関して

非英語圏ヨーロッパの一部に言えることは、「現地語プログラムには国のアカデミックな面でのトップ層が集まっても、無料の現地語プログラムと異なり、それなりの学費を要求する英語のプログラムは、学部の資金集め、大学の国際化ランキング対策の要素が強く、アカデミックレベルも低い学部が非常に多い」ということ。

現地語と比べて、英語で履修できる授業が著しく少ない学部・学科や、近年急に学費が何倍にもなった学部は、特に要注意。高い確率で、一部の国の留学生を資金集めのカモにしている。

海外の主要な認証機関の外部審査が定期的に入るおかげで、英語での教育の質が高く保たれやすく、節度ある運営をするしかない私立大学の上位層とは違い、古いヨーロッパの公立大学の学部は、海外スタンダードの教育の審査を受けることがない。教育の放置や学費の急激な値上げなども、かなりの範囲を学部(大学本部ではなく)の自主裁量でやりたい放題にできるのが現状。

英語の学士課程のプログラムを利用して、学部の資金対策、ランキング対策をするのは、非英語圏ヨーロッパの古い国立大学の学部の常套手段。入学しやすい英語のプログラムの多くは、EU圏外の留学生を利用した効率よい資金集めになり、さらには国際性の点でランキング対策も兼ねた一石二鳥の方法。

最近は、多くのヨーロッパの古い公立大学の学部が、劣悪な教育環境を整えずに学費を上げて、資金集めやランキング対策でEU圏外の学生を取り入れをはかっている。キャンパスが現地語プログラムと別だったり、現地語の授業と違って英語で履修できる授業が著しく少なかったりする学部は、まずは背景を調べてみること。

ハンガリーの大学の一部の学部は、この点で限度を超えている。2010年代の中旬までと違い、今では学費を急激に上げても、教育の質が悪くても、勝手に出願者が増えてくれる韓国、中国、日本の留学生は、このような資金集めやランキング対策のカモ。2016年まで10万円くらいだった学費が、今では教育環境の変化もなく40万円を優に超えている学部もあり、韓国ではこの流れを危惧した人によって、すでに警告がなされている。

現地を知らないままネットで表面的に大学を調べても、現実は見えてこない。学部のマーケティングトークや誤情報に踊らされてしまい、踊らされた人の発信によって、また新たにデマに引っかかる人が芋づる式に増えていく。

ランキング対策に関しては、英語で論文がちょくちょく出ているので、進学前に読んでおくと惑わされずに済むのでおすすめ。大学生は大学図書館で電子版を読めるはず。

最後に

これを読んだ良識ある保護者の方々に最後に伝えておきたいのは、「YouTuberを含めた発信者の方々は、皆さんの御子息を騙す意図はないであろう」ということ。

再生数稼ぎによる収益や高額な留学・英語・IT塾や転職サイトへの誘導ビジネスを目的にして、よく知らない分野で発信して間違える人が日本語に多いのは確かだけど、おそらく悪気のある人はいないし、意図的に子どもを騙しているなどということもない。出願料金や学費を負担する側、子どもの人生に責任がある側の保護者のお怒りは当然と感じる一方で、「子どもが騙されている」という類の表現は、僕には少し厳しすぎるお言葉に感じる。

ただ、台湾、韓国、マレーシアの学生たちが順調な大学選びをしている中、日本から留学する人たちだけが間違った大学選びをして、日本人だけが損をするのを見るのは心苦しい。高校生がネット情報に影響されて間違った大学選びをして、冷静な大学選びをする保護者の方と争いになるのも、間に入っていて寂しい。

日本人もなるべく韓国人のように環境のいい大学を選べる環境が整うことを願っている。若い世代がよい進学先を選べるように、このページが良質な日本語情報が広まる小さな一歩になってくれれば嬉しい。

皆さん、ちゃんと大学訪問をして、冷静に大学選びをしてください。

ヨーロッパ英語留学】実質無料で大学探しから合格までを手伝います!

ABOUT ME
Yasu
Good Friends Japan CEO. We aspire to offer opportunities of international education especially to unprivileged young adults. ヨーロッパと台湾で仕事をする北海道育ち。大学をアメリカ、大学院をカナダで修了。リベラルアーツ教育、宗教教育修士。
関連エントリー