ジョージ・フレデリック・ワッツが描いた、視力を失った少女からのメッセージ【行き詰まって将来が見えない人へ】


日本ではあまり有名ではないかもしれないけど、僕はこの絵が大好きだ。

 

これを描いたのは、19世紀イギリスの画家ジョージ・フレデリック・ワッツ。視力を失った少女が、星の上に座り、たった一本だけ弦が残ったハープを手にしている。見えるものもなく、真っ暗な闇の中で、ボロボロのハープを手にした少女が、一人ぼっちで耳を傾けているのは、わずかに残った一本の弦の音。



ワッツは、この作品に『希望』という題を付けた。

 


 

その目には何も見えなくても、そばにあるものがボロボロになっても、たった一人になっても、この少女が耳を傾け続けたのは、希望という音色、たった一本残った弦で奏でる音色だった。

 
 

あまりに大きな困難で行き詰ったとき、僕はたまにこの絵を見る。ワッツがこの少女を通して聞いた希望の音に、僕自身も耳を傾け、自分には何が残されていて、どんな音を奏でられるのかを、立ち止まってもう一度考えてみる。そして、自分にできる精一杯のことを、前向きに紡ぎ出すようにしている。

 

すべてのものが失われ、ボロボロになったあとでも、僕たちには希望が残されている。前向きに生きる希望が、笑って次のステップを歩む希望が残されている。僕は、たとえ一人になったとしても、たとえ暗闇の中にいたとしても、たとえ何も周りに残されていなくても、その音色だけには、いつまでも耳を傾けられる自分でいたい。

http://goodfriends.jp/
http://kuwayasu.com/archives/9708
http://kuwayasu.com/university-poland-support
http://kuwayasu.com/archives/10200
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://goodfriends.jp/support-plan
http://kuwayasu.com/archives/10259
http://kuwayasu.com/archives/9579
http://goodfriends.jp/contact-form

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Yasu is the founder and CEO of Good Friends Japan. We aspire to offer opportunities of international education to unprivileged young adults. リベラルアーツ教育研究、英語学習のためにICUを中退。アメリカ、カナダに学部・大学院留学。米の中高の特別講師、サッカーの助監督、カナダで路上生活者と共生。カナダの教会で、異文化教育、カウンセリング、葬儀等を担当。シンガポール勤務を経て、児童養護施設出身者、中退・引きこもりの若者など、社会的に困難な状況でがんばる人たちの国際教育支援チーム創設。教育学修士。@yasukuwahara